後日談、その2 ~ピアニスト・宮沢由美さんからのメッセージ【インザナイト編】

『イン・ザ・ナイト』のピアノ演奏をつとめて下さった、宮沢由美さん。

今日は、その『イン・ザ・ナイト』についてのご感想を紹介させて頂きます!


-------------------------------
【イン・ザ・ナイト】

誰かと舞台で共演するとき(相手が歌手だったり、楽器奏者だったり、ダンサーだったり…)

私が一番気をつけているのは、相手の呼吸や空気を感じることです。

でも、それを感じるには、とても集中しないとできません。

それともうひとつ、自分の表現をきちんと出す、ということを心がけています。

会話と同じです。
こちらの気持ちを伝えなければ相手の気持ちも伝わってこない、と思っています。

今回のイン・ザ・ナイトで弾いたショパンのノクターンは、元々はダンスのためではなく、
ソロピアノのために作られた曲なので、ひとりで弾いているときのように弾くと、踊りづらくなってしまうところがあります。

かといって、踊りのテンポに合わせて伴奏のように弾いてしまっては、つまらなくなってしまう…

踊りに寄り添いつつ、音楽的な演奏になるようにすることが、今回の課題でした。

本番直前まで試行錯誤していましたが、ステージに上がったあとは、頭で考えるのをやめて、心で感じるようにしました。

本番というのは、その場に来てくださったお客様と共有できる、たった1回きりの特別な瞬間です。
その特別な一瞬に、どんな音楽が生まれるか、いつもワクワクします。

そして、お客様が感動してたくさんの拍手をくださったとき、このお仕事をしていて本当に良かったなぁ、と心から思います。

宮沢由美

--------------------------------

宮沢さんの演奏が、音楽的にも素晴らしく、かつ踊りやすい理由。
私はこれを読ませて頂いたとき、本当に心からその理由がわかりました。

踊りに寄り添う。でも、ただの伴奏ではない。
音楽的であり、舞踊的であること。

それは決して相反するものではなく、むしろ自然な形として両立し得るものだと思います。

ダンサーの方も、音楽を『伴奏』ととらえてはダメだし、かといって音にのまれてしまってもダメ。
音楽の中に入りつつ、音と一体になりながら、自分を表現する。

本当に奥が深いな、と思います。
私には、まだまだ修行が足りません…。


宮沢さんのおかげで、私にとってこの『イン・ザ・ナイト』は、忘れられない作品になりました。
本当にありがとうございました!
関連記事

後日談、その1 ~ピアニスト・宮沢由美さんからのメッセージ

おさらい会が終わって、数日経ちました。
もうすっかり日常のリズムが戻ってきています。

けれど、気持ちはまだ少しざわついているような…そんな日々を過ごしています。

さて!
今日は、おさらい会について頂いたコメントを紹介いたします♪

まずは、今回ゲストピアニストとしてご出演くださった、宮沢由美さん。
みなさんに、とっても素敵なコメントを頂きました!


------------------------------


エルの皆さんへ

発表会おつかれさまでした!
ステージでの皆さんは、キラキラと輝いて素敵でした。
舞台袖でも、他の人の踊りを一緒に踊っていたり、拍手をおくっていたり…
そんな姿を見て、みんな本当にバレエが大好きなんだなぁ、と感動しました。

私もバレエが大好きです。
ピアノも大好きです。
大好きだからずっと続けることができて、今では私にとってピアノは無くてはならない大事なものになりました。

皆さんと一緒に発表会に出ることができて嬉しかったです。
とても楽しくて幸せな時間でした。
ありがとうございました。(^-^)


宮沢由美
--------------------------------

宮沢さん、本当にありがとうございました。
生徒のみんなにとっても、本当に良い刺激になったことと思います。

この日の空気を、ずっとずっと覚えていて欲しいな、と思います。
関連記事

無事、終演~スタジオおさらい会

6月24日。
かねてよりご報告して参りました『Aileおさらい会~Summer Concert』が、無事に終演致しました。

今回は幕が上がるまで、本当に色々とあった会でしたが、全員無事に舞台に立つことができて、
踊り終えることができて、本当に良かった!の一言に尽きます。

すべては全員のチームワークの賜物。
誰一人欠けても、成り立ちませんでした。

出演者の皆様、保護者の皆様、スタッフの皆様、ゲストの皆様…本当にありがとうございました。

そして、お忙しい中ご来場下さった皆様。
心から感謝申し上げます。

その温かな拍手の力で、私たちの今日まではすべて報われます。


お客様の力、見届けて下さる方の眼差しの力とでもいうのでしょうか、踊っている先に自分を見てくれている人がいると思うと、
不思議と力が湧いてきます。
だからこそもちろん緊張もするのですが、それなくして舞台は成り立たないということをしみじみと感じます。



開演15分前の、Aile恒例の円陣。

円陣

全員で無事に踊りきれることを祈る、この一瞬。

ともあれ、生徒が全員無事に舞台に上がれたことが、何より嬉しい。
舞台の神様は、みんなに微笑んでくれたのだと思います。


今回、自分に与えられた課題。
こなしきれなかった、数々の課題を次にひとつでもクリアできるように、今日からまた一歩ずつ歩んでいきます。


この度は、本当にありがとうございました。


2017年6月25日
阿部純子
関連記事

いよいよ明日…本番!~Aile・おさらい会

明日、6月24日(土)。
いよいよ本番を迎えます。

これまで練習してきたこと。
積み上げてきた努力。
伝えたい自分の想い。
叶えたかった夢。

すべてを出し切って、全員が舞台の上で輝けるように…願っています。

今まで自分がやってきたことを信じて、最高の笑顔で!
全員、一丸となって素敵な舞台をお届けします。

応援して下さった方々の気持ちを胸に、行ってまいります。

Aile生徒全員、舞台の上で皆様のお越しをお待ちしております。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【バレエスタジオAile・2017おさらい会 ~Summer Concert~】

■日程:2017年6月24日(土)
■会場:相模原市南市民ホール(合同庁舎内)・相模大野駅徒歩約7分
■時間:開場・17:00~ 開演・17:30~
■演目:第1部【バレエconcert】
     コッペリアよりグランパドドゥ、海賊よりグランパドドゥ、小品、バリエーション 他
     第2部【Magical Fantasy】
     生徒全員によるオリジナル作品
■ゲスト:宮本祐宜先生、梅澤紘貴先生、ピアニスト・宮沢由美さん

★入場無料
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

関連記事

最終、ゲストリハーサル

本番一週間前の金曜日。
梅澤先生組の最後のリハーサルでした。

最後まで、細かい詰めの作業。
表情、指先、足の角度、等々。
より良い作品に仕上げていくために、余念がありません。

『今日は不安な部分を解消していきながら、本番の気持ちで踊ってみよう』

そんな梅澤先生のお声かけで、気持ちにゆとりが生まれて、表情も活き活きしてきた二人。

海賊
kai1.jpg  kai2.jpg

kai3.jpg  kai4.jpg


コッペリア
co1.jpg  co2.jpg

co3.jpg  co4.jpg


『表現を自分なりにどんどん出して来てくれて、こちらも嬉しくなります』と、梅澤先生。

私もまったく同じ気持ちです。
梅澤先生の丁寧なご指導のもと、生徒が成長していく姿を見ると、本当に有難いなとしみじみ思います。




そして、翌週は宮本先生組。

宮沢さんもいらして下さったので、インザナイトはスタジオのピアノで合わせて行いました。

インザナイト1  インザナイト2

インザナイト3  インザナイト4


続いて、レシル組。

『本番のつもりで。最初から音でやるよ。一回しかやらないから集中して。』と、宮本先生。

resi1.jpg  resi2.jpg

『どうだった?いつも以上に頑張ろうと思っても、練習以上のことはできないんだよ。
 だから、無理に頑張ろうとせずに練習で一生懸命やってきたことを信じて、それを落ち着いてやれるように
 集中することが大切だよ。』

そして、そのことを踏まえての2回目。
みんなとてもスムーズに動けていました。

お二人とも、プロとして数々の舞台を踏んできたからこそのお言葉。
舞台に立つということは、それだけ緊張の連続でもあります。

本番で練習の成果を発揮できるように…と、最後のリハーサルではお二人ともそういったアドバイスを
とても丁寧に心がけて下さっていました。
最後まで、みんなのことを一生懸命に考えて下さるお二人には、本当に感謝の言葉しか見つかりません。

練習してきたことを信じ、パートナーを信じ、舞台を楽しめますように!




関連記事
「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク