FC2ブログ

スキルトレーニングの前、人間の身体としての前提③

シリーズでお届けしている前提のお話。
スキルトレーニングの前、人間の身体としての前提①』『スキルトレーニングの前、人間の身体としての前提②
に続き、いよいよバレエの動作スキルについて触れていこうと思います。


バレエは(この場合クラシックと定義します)、そのポジションの特異さゆえに、まずそこに意識のフォーカスが
向いてしまうことが取り組むときの特徴の一つとして挙げられます。

つま先を外側に向けた”アンドゥオール”というポジション。
それこそが、バレエをバレエたらしめる重要かつ伝統的なものなのですが、日常的な動作や姿勢とあまりに異なるため
「外に向いたつま先」に意識が持って行ってしまわれがちです。
もちろんその意識はとても大事でなくてはならないものなのですが、ここまでお話ししてきた「人間の身体としての前提」の上に
アンドゥオールも成り立つことを、決して忘れてはならないのです。

1・人間の身体であること
2・重力下にいること

この2つです。
「人間としての整った身体で正しく重力と向き合える」と、ざっくりとまとめて書きましたが
アンドゥオールはこの2つが極めて高次で行われて、はじめて成立していきます。

人間の身体として立ち、歩き、動作していること。
ここには構造面も機能面も含まれますが、構造が崩れている状態ある意味で運動するのが危険ともいえるので、
機能面を考えてみたいと思います。

例えばこれらの項目…

・呼吸
・筋緊張
・神経伝達

ナチュラルで無理のない呼吸ができているか?動きに伴って呼吸筋がはたらくか?
筋肉の緊張状態が適切であるか?どこかだけ緊張あるいは弛緩しすぎていないか?
各入力器官(目や耳、触覚など)からの情報伝達が正常に行われているか?自律神経系統のはたらきが適切であるか?

健康診断みたいな項目ですが(笑)これらがうまくはたらいていて、人間として身体の性能を発揮します。
ここから「姿勢」が導き出されて、自分が認識したカタチになることができます。

認識したカタチというのは、つまり「アンドゥオール」のこと。
まっすぐ立ち、そして股関節から外旋をさせて、結果としてつま先が身体の外側を向き、そのポジションを成り立たせるために
アンドゥオールをし続ける(=ムーブメント)を行うことで、つま先が外向きのまま動いていくことが可能になります。

この時、息が止まっていたり、筋肉の一部分だけが固まっていたり、アライメントが崩れていたりしたら
適切な姿勢を導き出せず、的確な関節動作が導けず、結果「アンドゥオール」というムーブメントを
正確にに導き出すことが難しくなってしまいます。
もちろん、最初は見て真似をして行うことから始まり、徐々に使い方を習得していくのですが、
身体の前提が崩れていると、修正をかけたときに身体が混乱をきたしてしまいます。
もっとも多いアンドゥオールについてのアライメントの崩れは、股関節が外旋しきらず下腿のみ外旋してしまっているけケース。
いわゆる”膝下だけ外向き=見た目の外旋”になっている状態です。

この状態で立っていると、股関節や膝関節にねじれが生じるだけでなく、足裏が床から浮いてきてしまったり、
足指が使えなくなってしまったり…と、様々な不具合が生じる可能性があります。
また足裏からの知覚(感覚の入力)が少なくなってしまうため、感覚機能の統合に変調をきたす危険もあります。

視覚で認識したカタチ、としては確かに「つま先が外を向いている」なのですが、アンドゥオールというムーブメントは
思っているよりも複雑かつエネルギーの必要なポジション。
身体の前提が整っていることが、まずはアンドゥオールを正確に導くための必要条件になるのです。


この「アンドゥオール」が成立して、ようやくバレエのスタート地点。
ここからがいよいよ動作の開始です。
アンドゥオールというムーブメントを保持したまま、あらゆる動作をこなすことを求められます。
当然、重力への拮抗も要素の一つになります。

アンドゥオールをしたまま、床反力を使う。
膝下だけで”見た目の外旋”をしていると、動き始めた途端、すぐに元の正中位に戻ってきてしまいます。
また、この方法だと股関節に力が伝わりにくいため、胴体部(体幹部)がかなり不安定になり、姿勢を保つことが難しくなります。
そうなると、2つ目のポイントである『重力下であること』、つまり床反力を身体が受け止められず、
仮に受け止められたとしてもかなりの割合でロスしてしまいます。(膝の方向に逃げたり、お腹に逃げたり…ect.)

動作が連続して行えない(ジュテ→タンルヴェなどの片脚踏切やポアントでのバロネなど)場合、
もちろん脚や足底の筋力不足も要因の一つですが、この「床反力」を身体がもらえていない、というケースも多いです。
それを「脚が弱いから」と短絡的に考えてしまうと、方向性がズレていってしまうこともあります。

真っすぐのモノを垂直に持ち上げるのはわりと簡単にできますが、ゆらゆらしたものを持ち上げるのは大変な上に
色々なところに緊張が走ります。
この「ゆらゆら現象」が身体の中に起きていて、ルルベの不安定さやジャンプ時の姿勢の崩れ、あるいはポアントでの
不安定さにつながっていることも少なくありません。

では体幹部の「ゆらゆら現象」を抑えるためにはどうしたら良いか?
原因がまちまちなので一概には言えないのですが、一つポイントになるのが『腹横筋』です。
腹横筋は別名コルセット筋とも呼ばれるほど、胴体部の安定を保つために大きな役割を果たしてくれる筋肉。
肋骨の下側から骨盤まで、ぐるりと一周、それこそ骨のない部分をコルセットのように内側から支えてくれています。
この筋肉が弱かったり固まっていたり、はたらきが悪くなっていると、背骨もきちんと立てることができず
結果として引き上げがうまくいかなくなってしまいます。

腹横筋がしっかりはたらくと、脊柱を支える多裂筋がはたらくため、脊柱を伸展していくことが可能になります。
特に胸椎部(胸のあたり)の伸展がうまく行えるので、後ろへのカンブレがスムーズにできるようになります。

「腹圧」という言葉を聞いたことのある方もおられるかもしれませんが、腹圧が保たれているというのは
まさにこの「腹横筋」が適切にはたらいている状態をさしています。
この状態が「床反力をもらえる」身体の状態、そして体幹部の安定性から骨盤付近の筋群の活性により、
結果、股関節が自由に動き、”アンドゥオール”を導き出せるようになります。


「立つ」ことそのものすら、難しいバレエ。
それは「バレエ的に立つ」のではなく。「人間として正しく立った上で、バレエスキルを上乗せする」ということ。
言うまでもなく、動作はその先の領域になります。

…と考えていくと、やるべきことが山積みになっている感もありますが(笑)
「人間としての前提を整える」ことは、バレエに限らず日常生活においても健康を保つ上でも非常に重要な観点です。


以上、3回にわたり長々と書いて参りましたが、、少しでも伝わっていれば嬉しく思います。
皆さんのバレエライフ、そして日々の生活がより充実したものとなりますように!!


※個別の身体調整やスキルアップのご相談等も行っておりますので、ご興味のある方はぜひお問合せ下さい。

♪新規生徒・募集中!お問合せはお気軽に♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::
★インスタやってます★
https://www.instagram.com/balletstudio.aile/

お問い合わせは、こちらまで。
info@balletstudio-aile.com
042-705-2653
関連記事

スキルトレーニングの前、人間の身体としての前提②

前回のブログ『スキルトレーニングの前、人間の身体としての前提①』では
スキルトレーニングの前に「人間としての基準に立ち返って身体を整える」ことが大切、というところまでお話ししました。

今日は、もうちょっと先に進んで、「なぜ前提を整えることが必要なのか?」ということを、深堀していきたいと思います。
(たぶん長いので、読みたい方だけ読んでね笑)


まず、私たちが『運動する=身体を動かすこと』の上での大前提があります。

1・人間の身体であること
2・重力下にいること

この2つは私たちが生きていく上でも、決して逃れることのできないもの。
いわば普遍的な大原則とも言えます。

1・人間の身体
”人間の身体”というのは、つまり「人体の構造的なもの」という意味です。
私たちは2本足で立ち、歩き、およそ200数個の骨と400数個の骨格筋を持ち、それらは神経系統の統制により、
活性化したり抑制されたりしながら、動きをコントロールしています。

2・重力下
私たちは地球の重力の影響を受け、下向きの力に支えられて安定し、拮抗することで上に伸びたり跳んだりします。
身体の重心は重力とも互いに関係し合い、バランスを生み出します。

どんな競技であれ、ダンスジャンルであれ、陸上で行うものに関してはこの2つの影響を必ず受けています。
ということは、あえて誤解を恐れず極論すると「人間としての整った身体で正しく重力と向き合える」ことが
動作の正確性を生む、とも言えます。

まず人間としての身体。
これは構造的な側面と機能的な側面があります。
簡単に言うと、「つくり」と「性能」のようなイメージです。

重厚でしっかりとしたボディとエンジンが搭載されているハイスペックな車。これが「つくり=構造」です。
エンジンの可動性やアクセルとブレーキ、ステアリングなどの統制。これが「性能=機能」です。
どちらが崩れてもその車としての最大限のポテンシャルが発揮できません。
構造自体に問題はないけれど、電気系統の制御がうまくいっていなくて調子が悪い、とか
エンジンオイルやブレーキオイルをしばらく交換していなくて性能が落ちていた…など、メンテナンスが不十分で
起こるエラーは様々あります。

これを人間に置き換えると、骨や筋肉の「構造」には問題がなくても、神経系統でバランスが崩れていて「機能」面での
問題があった、ということはよくあります。
例えば視力が十分に出ていなくて、それを補うために姿勢が崩れていた、肩が凝っていた…など。
ボールを扱う競技ではボールが自分に向かってくるときのピント調整が非常に重要になってきます。
視力が十分に出ていないと、目がピントを調整してくれないので代わりに「立ち位置」で調整してしまうことも多く、
プレーのタイミングや精度に関わってくる可能性があります。
これは身体の構造的な問題ではなく、「機能面」のエラー。
この問題は筋トレなどのフィジカルトレーニングでは解消できない問題です。

ケガをした後に、腱の長さが物理的に変わってしまった等、身体のつくりそのものに変化をきたしている場合は
「構造面」の問題。また、その道具の構造を知らないで使っていたというのも、エラーを起こす要因のひとつ。
例えば、扉を反対に開けようとしていて壊れた(笑)とか。
動かせない方向に一生懸命動かそうとしたら、やっぱり壊れます。人間も。
ですので、身体を扱うプロフェショナルであれば最低限の構造を知っておくことはもちろん必要です。


次に、重力下にいること。
重力の影響を受ける、とは常に”下向きに引っ張られている”ということ。
だからこそ身体の中には「抗重力筋」と呼ばれるものが存在しているのです。
重力に拮抗すること、これが2本足で生活している我々人間としての大きな課題です。
4本足の動物に比べ、支持基底面と呼ばれる「自重を支えるために必要な面積」が非常に狭いのが2足歩行の人間の特徴。
そのため、当然不安定になります。
もしもナナメになっていたり歪んでいたら…その不安定さはさらに助長されていきます。
床面に対し、もっと言うならば地球に対し、まっすぐに重心が降りていること。
日常的にここができているかどうかは非常に大事です。

そして立つことや座っていることそのものでも、当然重力とは”拮抗”しています。
さらに伸びる、跳ぶ、など上に上がるときには、さらに拮抗をしていきます。
この時に大事になってくるのが、先に挙げた抗重力筋のはたらきであり、抗重力筋をはたらかせるためには
「床反力」を身体が正しく捉える必要があります。
「床反力」とは、床(地面)と反発して生まれる力。
つまり地面を押して自分を立ち上がらせたり、進ませたり、跳ばせる力のことです。
重心の動きは、この「床反力」の結果であり、それを決定づけていくのは筋肉の活動です。

まずはこの「床反力」を正しくもらえるカラダであるか?というところがポイントで、足裏で正確に床を捉えて
姿勢がまっすぐであるかどうかがカギになります。
重心線が身体の中心をとおっていなければ、立っている姿勢(立位)においては床反力をもらっていません。
ということは、疲れやすかったり、歩くときにどこかに力が逃げていたりして、力のムダ使いをしている可能性もあるのです。


…と、だいぶ長くなってしまいましたが(笑)
トレーニングの前に身体の前提を見直そうと思うと、ここが整っているか?と考えていく必要があります。
まずは純粋に人間としての状態が整い、さらに環境的な要因を度外視しないこと。
私たちは4つ足で歩いているわけれもなければ、宇宙空間で無重力で生活しているわけでもないのです。

このごくごく当たり前のことが、実は当たり前にできている人は本当に少ない。
かくいう私も「バレエ筋」で長らく生活していたので、まずは人間としての立位と歩行をしっかりと取り戻すべく、
人間に戻るトレーニングをしている真っ最中です(笑)(「はやく人間になりたーい!」妖怪人間ジュンコ←命名:YJR)

次回はいよいよバレエのスキルに踏み込んでお話していきたいと思います。
関連記事

スキルトレーニングの前、人間の身体としての前提①

どのようなジャンルにおいても、その競技や種目の特性に見合ったスキルトレーニングが存在します。
それは自身のフィジカルスキル向上を前提に、競技を行う上で必要となる要素を様々な観点からアプローチしていきます。

バレエのスキルトレーニングは、基本のクラスレッスン。
バーから始まり、センターレッスンまで。
このすべてのエクササイズが、踊るために必要となる型の習得から肉体の鍛錬までを包括している。
バレエのスキルトレーニングは極めてロジカルで過不足がなく、理論的にも優れた運動プログラムだなと思うところです。

さて、前置きが長くなりましたが。
スキルトレーニングを行う前に、考えていきたいこと。
それは「トレーニングを積み上げる身体の前提が整っているか」ということです。

トレーニングというのは、そもそも足し算の領域。
身体に負荷を与えて、最大出力値を上げ、高いレベルでの運動に耐えうる肉体を作り、競技へフィードバックしていきます。
キレイに足し算をしていく、つまり計算間違いをなくしていくには、ゼロベースであることが大切。
ゼロであるということは、マイナスではない、ということ。
身体に歪みがあったり、アライメントが整っていなかったりする…というのは、マイナスになっているということ。

そこをまずゼロベースに戻すこと。
それが「身体の前提を整える」ということです。

私たち施術家は、そのマイナスをゼロに戻す担当。
もちろんセルフケアなど含め、コンディショニング全般は身体をニュートラルに戻す領域です。
このゼロに戻った身体、つまりニュートラルベースがあって、はじめてトレーニングの効果が最大化されます。

歪んだ柱の上に家を建てても、その歪みがやがて建材の重みに耐えかねて破綻してしまう。
いっときは耐えられるかもしれないけれど、年月とともに歪みが大きく露呈してきてしまいます。
身体も同じで、骨格や筋肉の状態が整っていないところに何かを積み上げていくことは、歪んだ柱で家を建てるようなもの。
そのときは 効果が上がるかもしれませんが、長い目で見たときに崩れてしまう危険を孕んでいます。

身体をニュートラルに戻すこと。
この認識をもっているかどうか、ここがスキル向上やケガ予防、ひいては選手生命の長さに大きく関わります。

バレエの身体操作やスキルトレーニングは特殊な動きも多く、ある意味人間離れしていると言えるかもしれません(笑)
しかし、人間の身体としての前提を覆すことは、私たちが人の身体を持っている以上、不可能なこと。
人間離れした技は、それが高度であればあるほど、「人間の身体としての前提」がしっかり整っていることが重要。
私たちがこの身体を離れることが不可能である以上、人間の骨格で運動をするしかないのです。

もちろん、それを構造的に少し変化させることは競技特性上あり得ます。
ですが、使える筋肉の位置が変わるわけでも、骨の位置が変わるわけでも、それらの数が変わるわけでもない。
つまり大本の骨格からは、どう頑張っても逃れられないのです。

じゃあ、どうするか?
まずは「人間としての基準に立ち返って身体を整える」が、最初にやるべきこと。
スキルトレーニングを重ねても積みあがっている感覚がない、練習で疲労ばかり残る…
もしかしたら、改善すべきは練習方法(=スキル)ではなく、姿勢(=ポジション)かもしれません。

バレエの場合、何年経ってもピルエットがうまく回れない、など技術面で悩みを持たれている方や
先生の注意が直せない、等、自分ではどうしていいかわからないという疑問を抱えている方も少なくありません。
特に大人になってから始めた方に多いお悩みかと思います。
(もちろん、しっかりとレッスンを積み重ねている上で、の話です。)

なぜ「何年練習してもできるようにならないのか?」という悩み。
次回、そのあたりについて少し触れてみたいと思います。

関連記事

嬉しい報告、そして再会

先日、私に一通のラインが届きました。


『こんにちは。お久しぶりです。
先月、無事に第一志望より内定をいただいたのでご連絡させていただきました!
大きく有名な会社などではないのですが、来年春より新宿のオフィスにてWebディレクターとして働きます。

就職活動の中で、以前Aileの夏企画で作ったフライヤーをポートフォリオとしてかなり活用させていただきました…!
特に内定が決まった会社は、それをお見せしたときに一番反応が良くたくさん褒めてくださり、それも決め手の一つとなりました。
また、様々な企業の面接で一番苦労した経験を問われた際もバレエの話をするなど、
Aileでの経験は私を形成しているのだと改めて実感いたしました。
突然のご連絡で申し訳ないのですが、どうしても内定のご報告を純子先生にしたくご連絡させていただきました。』


連絡をくれたのは、かつてAileに在籍していた青木静香さん。
通称・静香先生としても、最年少クラスを補佐してくれていた、Aileの卒業生。
内定が決まったという報告を、私に送ってくれました。

とても嬉しい報告。
私も本当に心から祝福の気持ちでいっぱいになりました。

そして後日。
彼女がスタジオに来てくれました。

5C5ECACE-E6C3-4C02-8CD3-F7D5672B52E4.jpg

久しぶりの再会。
1時間くらいひとしきりしゃべって、レッスンも見学していってくれました!
成人クラスの方々とも久しぶりに再会して、楽しいひと時でした。

Aileでの経験、そしてバレエに携わったことが何か少しでも力になれたら。
バレリーナになるだけでなく、人生には様々な選択肢があります。
この場を通じて学びがあったと言ってくれることは、私としてはこの上なく嬉しいです。
本人の努力はもちろん、その一端を少しでもお手伝いできていたと思うと、やってきてよかったなとしみじみ思うのです。

静香さん!またぜひレッスンにも来てくださいね!
春からの社会人生活、心から応援しています!

♪新規生徒・募集中!お問合せはお気軽に♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::
★インスタやってます★
https://www.instagram.com/balletstudio.aile/

お問い合わせは、こちらまで。
info@balletstudio-aile.com
042-705-2653
関連記事

パーソナルセッション

先日、Workout Base Withの松岡大輔トレーナーのパーソナルセッションを受けさせていただきました。

松岡さんは言わずと知れた敏腕トレーナー。
仙台でジムを経営されており、ご自身でお客様の施術をされていらっしゃいます。
この度、東京へのご出張があり、そのタイミングでパーソナルセッションをお願いしました。

93F11C9B-0427-4F07-8AD3-28097D3E0049.jpg  BE55F310-82B1-4711-A7BD-F5812DFD5B09.jpg

個人アカウントのインスタ『
junko.abe.1206』のストーリーにもアップしましたが、
beforeとafterの差が歴然です。
アップした1分後くらいに、Dancer仲間やその他知人から問い合わせが殺到しました(笑)

可動域が拡がったとか、動きがスムーズということだけでなく、実際の動作と自分の認知している動作間の
エラーや誤差が極めて少なくなった、という感覚でした。
これは松岡さんのセッションが三半規管の状態をチェックしてくださったり、身体単体だけでなく、
その身体が地球という重力下で”立つ””歩く”ということを整えてくれる、つまり「人間」としての前提を構築して下さるからです。

なかなかここまでの感覚機能の問題を改善して下さる方はいらっしゃらないので、感激。
目からウロコの100分セッションでした。


セッション後、バレエの動作をやってみたら…

800FE422-CDFD-4695-B668-BB79AA0B00FC.jpg  4BF4426F-8674-4F85-8257-11D5ADE282E4.jpg

めちゃくちゃスムーズでした。
当たり前ですが、レッスンに行った帰りではありません(笑)
プリエも何もしてません(良い子は真似しないでね💦)

たとえて言うなら筋肉が”勝手にそこに導かれる”感でした。

私自身、施術家としても活動している中で「人体を診る」ことの奥深さ、そして心構えや覚悟について
再認識した一日でした。
松岡さんとお話しさせて頂く中で色々と学ぶことも多く、お会いできてよかったと心から思いました。

本当にありがとうございました!

♪新規生徒・募集中!お問合せはお気軽に♪
::::::::::::::::::::::::::::::::::
★インスタやってます★
https://www.instagram.com/balletstudio.aile/

お問い合わせは、こちらまで。
info@balletstudio-aile.com
042-705-2653
関連記事
「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク