FC2ブログ

三島由紀夫展-「肉体」というsecond language

三島由紀夫。
文学界ではもちろん知らない人はいない、そして独自のイデオロギーを貫いたという観点でも非常に注目された人物。

そしてバレエで三島と言えば。
そう、あのモーリス・ベジャールが『M』という三島をオマージュした作品を作ったことで知られています。


『私は詩人(三島)を批評するのではなく、愛するためにこれを創った』


ベジャールのこの言葉の真意を知ることは決してできないのだろうけれど、
なぜこれほどまでに三島という人物は、誰かを、何かを触発するのだろうか?
そんな探求心を掻き立てられずにはいられません。


stimulation。刺激。
三島はおそらく刺激する存在だったのではないか?

感銘を受けるとか、心に響くとか、そういうポジティブな感動も、
生々しいとか、毒々しいとか、ある種ネガティブ(目をそむけたくなるという意味で)な強烈なインパクトも、
ある意味で超越して、ただシンプルに『刺激』という感触が腑に落ちる、そんな気がするのです。

良くも悪くも、刺激。

【刺激】
生物、またその感覚器官に作用してあるいはその状態を変化あるいは興奮させ、何らかの反応を起こさせること。
また起こさせるもの。

三島自身、肉体への刺激を自らに与えたときを境に、自己と作品へのattitudeが明らかに変容していく、
それは非常に興味深い過程だと感じます。
今回の展覧会は、まさにその部分に焦点をあて「肉体」というキーワードから作品の変遷を辿るもの。
肉体への意識の変化が作品へどう投影されているのか、その過程を紐解いていく試みは、スリリングなものでした。

DSC_1081.jpg


肉体、つまり自分の身体は、つねに何らかの刺激にさらされています。
リアルな身体感覚は、誰にも何にも代えがたい、自分だけのたった一つの感覚です。
共感はできても、決して共有できない。
肉体は、ある意味で絶対的に孤独、だからこそ孤高になり得るのかもしれません。

肉体への刺激。
それはときに痛みをともなうけれど、痛みによる知覚もまた存在し、
それを感じることで自分の肉体の部分を認知できることもまた真実です。

自己認知が変わることで、世界観は変わる。

肉体への刺激を自分の人生に加えた三島。
そこから紡ぎ出す言葉が変わっていったことは、自然の流れだと私は感じました。


三島由紀夫は学校ではあまり積極的に取り上げられないでしょうけれど、
その作品に触れてみることは何かの刺激を与えてくれるのではないでしょうか。


そしてベジャールが創った『M』。これをもう一度しっかりと見直したい!と思う今日この頃なのでした。

::::::::::::::::::::::::::::
三島由紀夫展-「肉体」というsecond language

町田市民文学館こばとらんど
:::::::::::::::::::::::::::

佐々木俊尚氏・新著『時間とテクノロジー』、読了

それはまるで小さな旅の始まりだった。
この本の冒頭を読んだとき、そう思った。

例えて言うなら、茫洋とした海の中で行先のわからない小舟にポツンと一人で乗せられたような気分。

けれど不思議と不安や焦燥感はなかった。

行き先が分からないのは、これまでの私が手に入れている地図ではいけない場所だから。
今までの認識ではきっとたどり着けないと、直感的に思ったから。

私が旅だと感じたのは、きっとそのせいだ。

『時間とテクノロジー』

佐々木俊尚氏の新著。
著者の本はすべて拝読してきたけれど、今回の一冊ほど重層的かつ広大な本はなかったように思う。
そして極めてスリリング。
どこまでも果てしなく、時間と空間を縦横無尽に行き来する。

DSC_0977.jpg


「未来はあなたの前にあるのでしょうか?それとも後ろにあるのでしょうか?」


この謎かけのような、問い。

冒頭のこの問いかけは、まさにこの一冊を象徴し、私たちの今を象徴している。

テクノロジーの進化は、時間と空間の概念を変えた。
その事実は、今や誰もが知っている。
ある地点を境に世界観が変わった、私たちはそう認知している。

けれど、それがどのように変遷してきたのか?
なぜその変化や改革が起こったのか?
そしてそれはどこへ行きつくのか?

その答えは、まだ誰も知らない。


私の知り合いの中学生が作文でこんな風に書いていた。
「スマホを持ったことで正解をすぐに探し出し、自分で考える力が弱くなっていると
中学生でもこの世界が何か移り進んでいることを切に感じているし、多感な時期だからこそ余計にそう思うのかもしれない。

きっとみんな、どこか不安なんだと思う。
テクノロジーの進化で得られた便利さと引き換えに、身体感は薄らいでいく。
重たい機材を運ぶ必要も、コードをグルグル巻きとる不便さも、とうの昔に過ぎ去ってしまった。
私が、「いまここ」にいることを、どうやって感じればいいのか。
世界と「いまここ」でつながっている感覚が、希薄になっているからかもしれない。


みんなが漠として抱いている不安。
この一冊は、きっとその答えをくれる。
すべてではないかもしれないけれど、確実に何かを照らしてくれる。


これまでのテクノロジーの変遷や進化の過程、そして人間の認知の変化を物語というメタファーに落とし込み、
巧みに解析してくれている本書は、新しい哲学を提示してくれている。
そして理論的であり抒情的な文章は、まさに心地よいインターフェイスだ。
文字と自分という隔たりを感じさせず、スッと意識の中に溶け込んでいく。

“読む”、という行為も時に“摩擦”を生じる。
頭に入りにくい文章は、引っ掛かりを感じてなかなか進まない。
この本には、それがない。まさに“なめらかな没入”。

しかし時折挟まれるエピソードは、まさに心地よい摩擦として意識をピン止めする。
まるでなめらかに流れていってしまう無意識という河の流れの中で、意識というブイを立てそこに留めおくように。


本書の中で、“なめらかな没入”と“摩擦”がキーワードとして登場する。
これがテクノロジ―の進化と身体感覚との大きなカギになっている。
身体を扱う仕事をしている私にとって、この身体感覚の在りようは、非常に興味深い。


そしてテクノロジーの進化は、身体感覚について決して投げ出したりしないのだろう。
人間の根源にある「つながりたい」という欲求は、普遍だからだ。
リアルな身体感覚が希薄になるかもしれないという不安感はつねにつきまとい、
それがある種のブレーキとして作用することもまた事実なのかもしれない。
だからこそ、それを補完しようとする機能が無意識的にはたらく。
カセットテープで音楽を聴くような、レコードの針を置くような、ある種の手間という“摩擦”を含む行為は
淘汰されることはなく、愛すべきものとして存在し続けるのかもしれない。

私たちは、進化を漫然と享受するのでも、不審がって拒否するのでもなく、あるいは流されるのでもなく、
知らなければならないのだと思う。あるいはその努力、知ろうとする努力が必要なのではないか、と。



これは教育などの分野においても、今後は大きく発展していくのだろう。


2020年度は予備校や学習塾などの教育業界においてもAI教育元年になると言われているそうだ。
AI教育の利点は、人間では気づけないインプットの際の落とし穴を見つけて指摘してくれること。
どこがわかっていないのか、どこに戻ればいいのかをAIの知能が見抜き、教えてくれる。
しかしアウトプットの時には誰もそばにいてくれない。
このあたりは、今後のAIを考えるうえでも、大きなテーマになるのかもしれないと思った。



冒頭の問いかけ。
未来の在りどころ。

『因果の物語』から『共時の物語』へ。
過去の因果律では解きほぐせない今の世界観を、『共時』という概念はきっと照らし出してくれる。


テクノロジーの進化は、距離と時間、空間の概念を変える。
そこにあったのは「つながりたい」という切なる願い、それが進化のモチベーションだったのだと思う。


物理的な距離を英語に訳すと『physical distance』、つまり肉体の距離。

スペインに住んでいる私の友人は、かつて日本にいた恋人とは移住がきっかけで別れてしまったと話してくれた。
「やっぱり遠距離恋愛だと、メールとかスカイプとかでも限界があるのかな」という私の問いかけに、
彼は突然私の手をぎゅっと握り「こういうことなんだよ」と、私の目を見て切なそうにつぶやいた。

ドキリとしたと同時に、ものすごく切なくなった。
ああそうか、触れられないのか、と。
人と人、まして恋人同士がお互いに触れ合えないのがどれほど辛いことか。

「あの当時大学生だったから、もっと色々なものが進化していて彼女と密接にコミュニケーションができたらと
どれほど願ったことか。」そんなふうに話してくれた。



『physical distance』

この言葉にテクノロジーの未来は、どういう解を持つのか。
そして『共時』という新たな時間軸で、私たちはどこから未来へ入っていくのか。

この本を貫いている哲学は、これからの時代の羅針盤として私たちを導いてくれる光になるだろう。
ただ、その羅針盤を使うのは、私たち一人一人だということを忘れてはいけないのだと思う。


冒頭の問いかけ。
未来はどちらにあるのか?

人間は直立しているけれども、元々の四つ足歩行の身体機能を備えているし、その運動原理は変わらない。
つまり背中(背面)を運ぶことで、前に進んでいる。
四つ足になって考えてみる、進むべき背中は上にある。


とするならば。

未来は後ろからやってきて、背中に乗せて前に運ばれるのではないだろうか。
テクノロジーという翼を背中に携えて、因果から解き放たれて、過去や未来、
前や後ろという意識にも縛られずに新しい時間と空間の概念を手に入れて運ばれていくのかもしれない。

ただ “生きていく” というシンプルでリアルな真実とともに。
そして、この一冊とともに。

2020年、明けましておめでとうございます

2020年が、幕を開けました。

皆様、新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2019年は、新しいことに色々と挑戦をした年でした。
3月のAile合宿、そこからスタートした夏企画、そして来年の夏の発表会へ…。
一つの挑戦が次の新しい何かを生み、そしてさらに先へと進んでゆく、そんな一年でした。
私個人のこととしては、夏の別舞台の発表会、そして冬の公演出演、そして整体師の資格も取得しました。

何事もやってみなければわからない、けれどそれは時にリスクも孕んでいて。
でもやらないで後悔するより、やってみたほうがいい。

無謀ではないけれど、ノーリスクでもない。
予測値は立つけれど、予想はできない。
2019年は、そんな挑戦をたくさんした一年。

ビックリするようなことも多く、2019年を一言で表すなら『驚き』かもしれません。


そして、2020年。

2019年での、出会いを、発見を、学びを、驚きを、活かしていけるような、そんな年にしていきたい。

進化、そしてあるいは、深化。

私の2020年、そしてAileの2020年の目標です。
より良い方向へ進み、そして深め、変化させていく。
まだ見えない未来だけれど、その未来が輝かしいものであるように。

Aileの仲間たちと、ともに未来を創っていきたいと、心から願っています。


皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



2020年1月1日
阿部純子

新元号

2019年4月1日。

新年度になったと共に、いよいよ新元号が発表されました。

『令和』

まだ耳慣れないですが、新しい元号の時代が始まり史実が一つ更新されるのは、僅かながらの感慨を覚えます。


まさに、今年は新しい春。
気持ちも新たに、一層引き締めて参りたいと思います。

そして令和が穏やかで平和な時代になるように・・・願っています。


松ヶ枝公園の桜。
DSC_0413.jpg

今朝はまさに蒼天と呼ぶべき青空でした。
春の束の間の美を、楽しみたいです。

2019年、本年もよろしくお願いいたします

2019年。
新しい一年が始まりました。

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


今年は昨年得られた経験を活かしつつ
さらなるbrush upを目指し
視野を広げアクティブに活動できたらと思います。


皆さまにとって
それぞれの『バレエ』が
きっとあることでしょう。


私は

その想いの一つ一つに
しっかりと向き合っていけるように

その身体の一つ一つに
適したアドバイスをさせて頂けるように

自分を磨いていきたいです。


そして、街に明るいニュースが溢れるような年になることを切に願っています。
皆さまにとって、輝かしい一年となりますように!


今年もどうぞよろしくお願いいたします!

2019年1月1日
バレエスタジオAile 阿部純子
「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク