FC2ブログ

Candy colorの空 ~私たちの夕焼け

『空、見ました?すっごいキレイです!』

あるレッスンの日、生徒の一人がそう言いながらスタジオに入ってきた。


キャンディカラーのポップな空色。
絵具を混ぜたような、可愛い空の色。

DSC_1637.jpg

あまりにキレイで可愛くて、思わずスマホに収めた。
私たちは、しばらくそれを見ていた。


空がきれいだったこと。
それを伝えてくれたこと。

何よりも、みんなでそれを喜び合えたこと。

空がきれいだよ、とか、月がきれいだよ、とか、風が夏の匂いだね、とか。
そういうことを感じられる感性、それを持っていてくれたことが、とても嬉しかった。

その瞬間。
あの空は、私たちの夕焼けになった。

自粛期間、自問自答、そしてホスピタリティ

緊急事態宣言が発令されてから、約一か月。
スタジオは閉鎖しているけれど、代わりにオンラインレッスンに切り替えたり…と
案外以外と日々のルーティンは変わらず過ごしています。

逆を言えば、やるべきこと(=仕事の準備としてのレッスンやトレーニング)は同じであり、
状況が変容している中でも、その準備にあてるプロセスを限られた環境でいかに作り出せるかということも
大事なのだなと学んだ期間でした。

それでもやはり日常と違うことは多々あり、それはやはり平時ではないことを痛感させられます。

色々と考えることも増えました。
人とのつながり方、自分の在り方、教えるということ。

そしてこの期間、せっかくなのでいつもできないことをしようと思い、オンラインで色々なセミナーを受講しました。

まったくわからないということにチャレンジして、どんな気持ちになるのか…
今、それを味わっています。

学びたいということももちろんなのですが、『教える』という立場にいるとどうしても自分の知っていることの中で
相手に『伝える』ということが多くなり、それは当たり前ですが自分が中身を "知っている前提" でしか話せません。
(知らないことは伝えられないです…)

その時、相手がそれをどれくらい “知っている” のか?
わからない、という感覚に陥ったとき、その相手にどんなふうに寄り添っていけばいいのか?
理解してもらうためには、どんなプロセスが必要なのか?

こんなことを日々、自問自答しています。



実は先日、オンラインの英会話学習に参加したのですが(英語は勉強中ですが会話はカタコトしかできません…)
初心者コースでいきなり自己紹介をあてられて、しどろもどろに(笑)

わからない不安感、焦り、知らないことの多さに愕然とする絶望感…そこから先生が助けてくれる安心感。
脇に変な汗を大量にかいていたのは秘密ですが(笑)、またとない貴重な経験ができました。

ああ、この感覚は忘れちゃいけないな、と痛感しました。



誰かに何かを『伝える』ということは、仕事の上でも日々の生活の中でも本当に大事なことだと思います。

いかに前提を共有できるか。
相手の前提を理解しようと努められるか。
寄り添って考えていけるか。

まさにホスピタリティだと思います。


そこに気づけたのも、この自粛期間での私の大きな収穫です。
本当に有難いご縁でつながった、気づきです。

人と人、個と個。
その個人がつながって線になっていく過程で、物事が動いて運ばれていくのかな…
ふとそんな風にも思いました。


ホスピタリティ。
自分の人生の中で、大事にしていきたいです。

Keep on smiling!!

zoomでのオンラインレッスンでの一コマ。

最年少Cクラスには、遠隔で伝えるのがどうしても難しい。

動きの途中、肘が下がって保てなくなってしまうみんな。
どうやって伝えようか…と、ふと思いついたのが、「ニコニコマーク😊」

肘にニコニコマークを、マジックで書く!(笑)


「みんな、このニコニコを後ろの人にずっと見せておくようにね♪」

IMG_20200516_193207_647.jpg


ニコニコマーク、大成功!

みんな肘の位置、もちろんアームスの位置全体もキープできるように。
手が落っこちてきそうになったら「ニコニコマーク!」と呼びかける!


Keep on smiling.
But it's easy.


笑顔を保つのは難しい状況だけれど、笑顔を保てる自分でいたい。

そんなことを思った、一日でした。

闘うことだけが、すべてじゃない

今、何かが白紙に戻ってしまったとしても。

今、動き出すことができないとしても。

それでも、前に進むことだけが絶対の正解じゃない。

立ち止まって、いったん "休憩" と考えることも、大切なことかもしれないから。








~人生という試合の中でもっとも重要なのは、休憩時間の得点である~  

ナポレオン・ボナパルト

桜吹雪の道で

スタジオの隣の松ヶ枝公園は、桜の名所ともなっているほど、本当に見事な枝ぶりと景観。
満開のピークを過ぎた今週は、咲いている花から散る花へとシフト。

行き帰りの道中、私は桜吹雪に包まれる。

普段であれば、清々しい気持ちで桜吹雪の中に身をゆだねるのだろうけれど、
残念ながら、今年はちょっとそんな気分には、なれなかった。

政府より『緊急事態宣言』が発令された。
前代未聞のこの状況で、何を選び、何を守り、何をすべきなのか。

答えの見えない混沌とした現実の中で、誰しも不安にかられている。
こんなときこそ前向きに!という言葉も聞くけれど、不安な気持ちを無理やり押し隠す必要なんてないと思う。
そんな気持ちを分かち合うことで、安心できることもきっとあるから。


心配してくれる人、気にかけてくれる人、励ましてくれる人、力を与えてくれる人…。
周りにいるたくさんの人の声が、本当に支えてくれる。

私もそんな風に誰かを支えられるようになれたら、と。


_20200405_214232.jpg


色々な言葉が届くこの時代だからこそ、かけがえのない人たちに自分の気持ちが真っすぐに届くといいな、と思う。



バレエという一つの芸術は、何かを支える力になれる。
また笑顔で再開できる日まで…今の自分にできることをしっかりと考えていこう。

そんなことを思い歩く。
桜吹雪の道で。
「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク