FC2ブログ

作品構成・生徒会議!(Aクラス)

「発表会」
それはみんなで作りあげる舞台。

次回の第2回発表会においては、生徒のみんなの意見を
出来るだけ汲み上げ、可能な限り作品や舞台に反映していきたい
と考えております。

そのため、話し合いの時間を設けたり、みんなと意見を交わす
機会を設けながら、良いものを作っていきたいと思うのです。

*。・*。・*

今日はAクラスにおいて作品構成の生徒会議を行いました。
話合ったのは第3部の作品の方向性について。

夏の合宿の時にも少し意見を交換しましたが、
その時にはまとまらない部分もあったので
今日、改めて時間を設け話し合っていきました。

第3部は前回同様にオリジナルの作品。
みんなの個性を存分に活かすべく、
発表会の舞台にはできるだけオリジナル作品を
入れていきたい、そう考えております。

*。・*。・*

今回は音楽も生徒のみんなの意見を取り入れながら
決めていきます。
自分たちが心から 「踊りたい!」 と思える音楽で踊る、
そういう気持ちが一番大事だと思うからです。

今日はAクラスのみんなで第3部のオープニングに使う曲
決めていきました。

曲名を記入した用紙を配り、候補曲を1曲ずつ聴いていきました。
候補曲として取り上げたのは、全部で6曲

曲を聴く姿は真剣そのもの。

話し合いの様子1

自分の感想などをメモしながら、イメージをふくらませ
作品にどれが適しているか、インスピレーションを受ける曲はどれか…。
聴いたのち、自分なりの意見を発表しました。

話し合いの様子2


そして様々な意見が交わされたのち、1曲に決まりました。

それは近未来の雰囲気を包み込んだ曲。
未来への扉を開け、新しい何かが始まるような予感がする…
そんな意見や感想がとても印象的でした。

*。・*。・*

発表会という舞台は、関わる人全ての人達の力で織りなされるもの。
誰か一人がうまく踊れれば良い、というものでもなければ
誰か一人が喝采を浴びるというものでもありません。

全員の気持ちとパワーが一つになって、
初めて良い舞台となります。
そして本番だけでなく、そこへ至る過程をも含め
学びの場であり、経験の場であると思うのです。

たくさん色々な物事を経験しながら、進んで行ってもらいたい
私は常にそういうスタンスでスタジオの活動に取り組んでいます。
発表会は、まさにその最たる機会。

舞台制作に関わる様々な物事を共有しながら
みんなが充実感を持って取り組める舞台を作っていきたい、
心よりそう想うのです。

私たちの未来への扉が、今、開こうとしている。。。
関連記事
「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク