FC2ブログ

アートワークショップ、生徒・保護者の感想

先日、開催したバレエスタジオAileクリスマス特別企画の「アートワークショップ」。
みんなそれぞれに感想を書いてもらいました。
今日は保護者の方々含め、参加生徒のみんなの感想をご紹介いたします。

------
★アートワークショップ・感想

Q、バレエを「絵」で表現してみて、どう感じましたか?

【Cクラス】
・むずかしかった。
・たのしかった。
・たのしかったです。

【B1クラス】
・むずかしかったです。
・バレエのおどりでも、絵で表現できることが分かった。
でもバレエで絵を表現するのはむずかしいと思った。
・むずかしかったしいみがあまりわからなかった。
・むずかしくてよくわかりませんでした。でもバレエのおどりでさいげんすると
もっとわかりやすくなりました。

【B2クラス】
・バレエはおどるものだけでなく、絵でも表現できることにびっくりしました。
難しかったけれど、おもしろかったです。
同じ動きでも人によって感じ方がちがうということも分りました。
・絵をかく前は簡単そうだったけど、やってみるとむずかしかったです。
まわったり歩いたりする小さな動作が絵につながるので、すごいなと思いました。
・難しい動きを表現するのがむずかしくてなやんだ。
動きがはやくなるとおいつけなくてあわてたときもあったけど、自分では上手くできてよかった。
・バレエで表現している物を絵で表すと、またちがったふんいきが出るんだなと思いました。
絵で描くと、自分がちゃんと型を通って動いているのか、まわりの人が見てどんな風に
見えるのかが、分ってよかった。
・バレエを、あたらしくかんじました。人の動きをよくみて、力の強弱をかんじました。
色も、いろいろつかうだけで、こんなにきれいなんだと思いました。
・みんな人それぞれとらえかたがちがって、ちがう絵になっていておもしろかったり、
色がたくさん使えてよかったです。また書いてみたいです。

【Aクラス】
・難しかったです。絵っていうと、もっと具体的に描くものだと思っていたのですが、
すごく抽象的で驚きました。手の動きや足の動き、強さ、やわらかさを描くだけで、
一つの作品になっていてすごいと思いました。
・バレエを絵として考えたのが初めてなので、最初はどうかけばいいのかわかりませんでした。
あまり考えすぎず感じたようにかいたら、私らしさが出ていてとても良かったです。
・絵を描く前に、まず頭と軸から書いたので、やはりバレエでは軸が重要なポイントなんだと
思った。軸がボヤっとしていると何を書いたのか分かりにくくなってしまった。
・踊りは全身で表現されているんだなぁと実感しました。
平面にあらためてうつすと、逆に何かわからない、抽象的なオーラが現れておもしろかったです。
・自分が得意とするパがわかるなと思いました。パートナーの子たちが描いてくれた絵を見ると、
回転が多かったり移動を沢山している事が見えてきておもしろかったです。
また、一人ひとりに合う色があり、その子が踊ることによって色が出てきたりして、
不思議な気持ちになりました。

----

Q、どんなところが一番楽しかったですか?また、どんなところが難しいと感じましたか?


【Cクラス】

・えがたのしかった。
・おえかきをしているところ。
・ぜんぶたのしかった。

【B1クラス】
・えをかくところがたのしかったです。
人のいめーじで、いろをきめるのがたのしかったです。
・グループのあいて(B2クラスのお姉さん)のおどりを絵にするのが、一番楽しかったし、
いんしょうにのこった。自分で踊りをかんがえられなかったので、自分がおどるばんになったときが
一番むずかしかったです。
・B2クラスをかくのがむずかしかった。
・おどるのがむずかしかった。かくのがたのしかった。またやりたい!

【B2クラス】

・音や動きで感じる色を選んで書くところが楽しかったです。
人の手や足の動きを、ふわっと書いたり、強く書いたりするところが難しかったです。
なんだかぐちゃぐちゃになってしまいました。
・お姉さんの踊りを「見る」ではなく、「見て・感じて・かく」というのが楽しかったです。
また、自分が踊って相手に見てもらうというのも楽しかったです。
その場で踊りを考え、それをとっさに動くっていうのは少し難しかったです。
・曲にあわせて色をえらぶのがまよって、それがむずかしかった。
バレエの動きもあるけど、他の動きもまざっていて、違う感じがしておもしろかった。
・普段あんまり会わないCクラスの人と絵を描いてみて、さいしょはコミュニケーションが
難しかったけど、だんだん話せてきて楽しかったです。いきなり踊るのはすごく「難しい!」事が
わかりました。はん囲いっぱい使って踊るので、ぶつかりそうで難しかったです。
・音やうごきを色にあわせて、いろいろ書くのが楽しかったです。
人の形やうごきが、うごいていてむずかしかったです。
・人のものを表現するので、むずかしかったです。表現しやすいものと、しにくいものがあった
ところも難しかったです。

【Aクラス】

・クレヨン(オイルパステル)を使ったのが幼稚園以来で久しぶりに使って楽しかったです。
あとは、手や足を自由に描けたのも楽しかったです。でも強弱や柔らかさを絵で出すのは
難しかったです。
・一番楽しかったことは相手の色をきめたり、自分が思うように自由にかけたことです。
難しかったことは、何をどうかけばいいのか分からなかったことです。 
・自分の動きやイメージを人に選んで書いてもらったこと。C、B1クラスの子から
こんなイメージで見られていると分って、少し不思議な気持ちだった。
・自由に描くこと。曲にあわせて踊ること以外の「描く」という作業をすることは
とても新鮮でしたし、誰かの動きとあわせて色をつけていくのは、とても楽しかったです。
ただ、相手をずっと見ていると自分がなにを描いているか不明になりがちで難しかったです。
・楽しかったのは、思うままに手を動かせたところです。
難しかったのは、思ったものを線として表現するところです。

----
Q、今日の感想・その他、自由に書いてください。(絵でもOK!)

【Cクラス】
・ちょっとむずかしかったです。おもしろかったです。またやりたいです。
・おもしろかった。またかきたい。
・おもしろかった。

【B1クラス】
・じゅんこ先生のおどりがすごくすてきでした。こいち先生はやさしかったです。
・すごくかく(書き方)ことのコツをしりました、とてもげいじゅつです。楽しかったです。
・あまりえがかけないし、おどりもぜんぜんできなかった。
・(イラストで表現)

【B2クラス】
・音をきいて、自分で踊りを考えるのが難しかったです。
他のクラスの人とたくさん話ができて、とてもうれしかったので、またこのような機会を
作ってもらえたらなーと思いました。
・Aクラスの浅田愛さんとCクラスの金子まりえちゃんとお話ができてうれしかったです!(イラスト付き)
・ふだんできないことができて、すごくおもしろかった。
私は絵がすごい苦手なんですけど、今回はすごく楽しくて苦手なところはなくて
思いっきり楽しめました。(イラスト付き)
・今日はバレエのいろいろなことを知れてよかったです。(イラスト付き)
・とても楽しかったです。もっと書いてみたいです。たのしかったので、家でよべなかった
友達といっしょにやりたいです。
・CクラスからAクラスの人まで、ほとんど全員が出ていて、みんなとふれあえてよかったです。
Aクラスのお姉さんとしゃべれたのでうれしかったです。(イラスト付き)

【Aクラス】

・今まで美術で習った絵とはちがって、すごく抽象的で楽しかったです。
軸と頭を書いて、あとは動きをそのまま描くだけという簡単な方法なのに、
自分でも驚くぐらい芸術的に描けてすごく楽しかったです。
・とても楽しかったです。いい経験になりました。(イラスト付き)
・絵がとても苦手なので不安でしたが、思ったよりスラスラかけて安心しました。 
直感で思ったままに書くのはとても難しかったので、もっといろいろな色を使って、
考えて書きたいとも思いました。
・平面上の表現は、線の濃さだったり色だったりで、1つ何かが違うとふんいきが変わって
いいなと思いました。これから、その色や線を動きで表現していけるようになりたいです。
・動いているものを描くというのを、あまりしたことがなかったので、すごく刺激的でした。
次の舞台の時に、他の人の踊りを描いてみようと思います。
とても素敵な時間をありがとうございました!!(イラスト付き)

-----
<保護者の方々のご感想>

・小さな子達にとっては「動線を書く」ということがきっと生まれて初めてのことだったと思います。
特にCクラスの子たちの絵がとってもかわいく書けていました。
使う色もそれぞれの個性が表れていて、とてもきれいな色使いの子もいて印象的でした。
「こういうのはいけない」といった事がない絵の世界ってとても素敵で、子ども達の目も
だんだんキラキラして楽しそうで、見ているこちらも一緒にやってみたくなりました。
このような機会を与えて下さり、ありがとうございました。
こいち先生、どうもありがとうございました。(齋藤千秋様)
・バレエのうごきを線で表現する。色を足す。これだけで躍動感のある絵に仕上がり、
大きな発見となりました!貴重な体験ができたようで嬉しかったようです。
ありがとうございました!(大橋早希子様)
・御指導下さったこいち先生の"いいよ、いいよ"という言葉が印象的でした。 
感じるままに自由に描くことはとても難しいと思っていましたが、
のびのび書かせて頂けたようです。小さい子からお姉さんまでみなさんの作品がとても
いきいきしていました。(青木様)
・動きを表すのは難しいかなと思いましたが、皆、雰囲気のある素敵な作品を描いていました。
こいち先生の「音を描く」という言葉が心に残り、自分でも家で好きな曲をかけて描いてみたいと
思いました。貴重な体験をありがとうございました。(千葉様)
・いつもは静止画ばかりなので、動きの入った絵をかくのは難しそうだが、とても上手に
かかれていたと思います。小さい子は自由に踊るのが大変そうだった。
・初めてアートワークショップを見学して、絵画という生活に、基本的なイメージで表現できることを
知りました。我が子も年中ながらむずかしすぎて全く描くことができませんでしたが、
これから絵を書く機会に役立てられると思います。貴重な時間で良き学びの場となりました。
一本の線ですばらしい表現ができるのだと実感しました。

------

バレエがアートの扉を開け、アートとつながることでバレエの新たな扉が開いた、
そんな印象を持ちました。

生徒の感想のなかにあった「バレエをあたらしくかんじました」という一言は、
まさにそういった新鮮な感覚を言い表していると思います。
少なからず、みんなそれぞれにバレエの違う見方ができたのではないでしょうか。

そして、今まで苦手だったけれど、今回は絵を描くということの楽しさを感じられた、
という生徒もいました。
楽しく取り組める企画として、今回のワークショップをご考案頂きました
こいち先生に改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

他クラス間のコミュニケーションとしても、とても良いふれあいの場となった今回のワークショップ。
みんなの胸にキラキラとした想い出として、いつまでも残りますように…☆
関連記事
「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク