FC2ブログ

『死の舞踏』サン=サーンス

今回の夏企画、【夜の部】ではクラシックバリエーションからオリジナルの作品まで、
バラエティに富んだラインナップをお届けします。

その中で、一風変わった作品になっているのがバトントワリングの演目。
これまでにも色々な作品に挑戦してきた聖菜さんですが、今回は集大成として長尺のソロ演目に挑戦しています。

タイトルは『不死鳥~死の舞踏』
曲もそのものズバリ、サン=サーンスの『死の舞踏』を使います。


クラシックに詳しい方にとっては、ああ、あれね!という感じにポピュラーな楽曲なのですが、
一般的にはあまり知名度のない曲なので、「?」と思われた方も少なくないと思いますので、少し曲紹介を。

:::::::::::::::::::::::::::::::::
【死の舞踏】 サン=サーンス 作曲
フランスの詩人アンリ・カザリス(英語版)の奇怪で幻想的な詩にインスピレーションを得て、
1872年にまずは歌曲として作曲され、1874年に管弦楽曲としてまとめられた。
午前0時の時計の音とともに骸骨が現れて不気味に踊り始め、次第に激しさを増してゆくが、
夜明けを告げる雄鶏の声が響きわたるや墓に逃げ帰り、辺りが再び静寂に包まれるまでを描写的に描いている。
::::::::::::::::::::::::::::::


12時を告げる時計をハープ12回の響きで表現したり、骸骨が踊る様子をシロフォン(木琴のような楽器)で
コミカルに描いていたり、まさに描写的な表現に富んだ楽曲。
約7分強と長いのですが、情景が目に浮かぶような表現技法と見事な緩急で、あっという間に感じます。

サン=サーンスがインスピレーションを受けたと言われている、詩がこちら。

::::::::::::::::::::::::::
ジグ、ジグ、ジグ、墓石の上
「死」が踵で拍子を取りながら
「死」が真夜中に奏でるは舞踏の調べ
ジグ、ジグ、ジグ、とヴァイオリンで弾く

冬の風は叫び、夜は暗く
菩提樹の陰から、漏れる出る呻き声
青白い骸骨が闇から舞い出で
屍衣を纏(まと)いて跳ね回る

ジグ、ジグ、ジグ、体を捩らせ
踊る者どもの骨がかちゃかちゃと擦れ合う音が聞こえよう

静かに! 突然踊りは止み、押しあいへしあい逃げていく
暁を告げる鶏が、鳴いたのだ
:::::::::::::::::::::::::

ちょっぴりオドロオドロしい雰囲気もありますね。
そして楽曲自体は交響曲なのですが、どことなく和テイストなニュアンスも感じられます。
私たち日本人が聴くからかもしれませんが、和の音階というか、そういう雰囲気が漂っているのです。

今回は、あえてこれを和の雰囲気に見立てて、一つの作品にしました。

衣装や小物も、和。

_20190605_112802.jpg


_20190605_112727.jpg


夏企画、【夜の部】。
ぜひ、お楽しみに!


::::::::::::::::::::::::::::::::::
【バレリーナの世界へようこそ ~観る!知る!ふれあえる!~】

■日程:8月4日(日)
■会場:おださがぷらざ(小田急相模原駅ビル4階)
■内容

【昼の部】 14:30~17:00(パフォーマンス・14:30~15:30)
       ディズニーナンバーによる生徒パフォーマンス、『バレリーナになって写真を撮ろう!』、
       バレエ関連の小物制作ワークショップやティアラ展示、バレエの歴史コーナーなどのAileフェス
       ご入会のご相談会 他
【夜の部】 19:00~20:30(パフォーマンス・19:00~20:00)
       成人クラス生徒の皆様によるパフォーマンス、Aileについての説明およびご相談受付 他
::::::::::::::::::::::::::::::::::

★インスタやってます★
https://www.instagram.com/balletstudio.aile/

お問い合わせは、こちらまで。
info@balletstudio-aile.com
042-705-2653
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク