FC2ブログ

9月

早いもので、もう9月。
今年も残すところ、あと4ヶ月を切ったということ、いやはや時の流れはあっという間です。

元号が令和に変わってだいぶ経ちますが、いまだにどこか慣れず…。
でも平成がそうだったように、きっといつしか違和感なく使えるようになるのでしょうね。

9月は長月とも呼ばれます。
”夜長月”の別名というのが有力な説だとか。
確かに、グッと日が短くなって夜の時間が長くなってきたのを実感します。

運動会も多いこのシーズン、日本はまだまだ残暑が厳しいですがヨーロッパなどは気温が下がってくる時期でもあります。
夏の暑さが厳しい地域でも、9月になると長袖が欲しくなる、そんな時期です。
日本はまだまだ暑くてエアコンが手放せませんね(笑)
とはいえ、朝晩に吹く風は多少涼やかになってきて過ごしやすくなりました。


さて、9月らしいものを一つ。
ということで、今日は9月(長月)が登場する和歌を。

~今来むと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ち出でつるかな~
【素性法師・百人一首】

『今すぐに行くと言ったあなたの言葉を信じて長月(9月)の長い夜を眠らずいたら、
 夜明けに昇る有明の月を待ってしまいました』


あの有名な百人一首の中の一つ。
作者の素性法師は男性ですが、この歌は女性の立場で心情を詠っています。

当時は男性が女性の元へ通うのが一般的。
そのため、『行く』といったあなた(男性)を、『待つ』となっているところから、女性の歌とした詠んだことがわかります。

moon_autumn01.jpg

当時は男性が女性の立場になって歌を詠むことも、和歌の遊びとして楽しまれていたようです。
素性法師三十六歌仙にも選ばれていることから、優れた歌の詠み手とされていたのでしょう。


9月は長月。
長くなってきた夜、月にちなんだ色々なものを探してみるのも、面白いかもしれませんね。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク