FC2ブログ

呼吸を味方につけよう!~呼吸は『運動』です③仙骨と頸椎

さてさて、シリーズでお届けしております『呼吸』についてのお話。

~呼吸は『運動』です①横隔膜 
~呼吸は『運動』です②骨盤底筋群
字面だけみると、ちょっと難しそうですが、大丈夫です!

前回までのお話では、筋肉を意識してみましょう!ということで、 【横隔膜】 そして 【骨盤低筋群】 について
触れました。

今日のテーマは 骨。

呼吸は運動、なので筋肉を動かして行うもの。
筋肉が動けば、当然、骨も動きます。


では、呼吸して動く骨、と言いうとどこを思い浮かべますか?



そう、まっさきに思い浮かべるのは ”肋骨” です。

胸郭(=肋骨)は、呼吸と連動し、骨の動きが目に見えてわかる場所。
寝ている人を見ると、胸の上下動がハッキリと分かるくらい、呼吸で動きの見える場所です。



この胸郭とは別に、呼吸に深く連動している骨があるのです。


それは 【仙骨】 です。

【仙骨】 は、脊柱の下部にある骨盤の後面を形成する骨。

sketch-1568156866626.png

この丸で囲んだ部分です。
※厳密には尾骨は別の骨ですが、呼吸連動という観点でひとまとまりで捉えています

この仙骨は、呼吸と深い相関関係にあり、呼吸とともに動くのです。
とはいっても、胸郭のようにハッキリとした動きではなく微細な動きなのですが、とても重要!

では、実際にどのように動くのか見てみましょう。

■息を吸うときの動き              ■息を吐くときの動き
sketch-1568157136021.png  sketch-1568157250520.png

これは仙骨を横から見た図。
仙骨は 俗に”うなずき運動” と言われるお辞儀のような動きをします。
これが、息を吸うときには上の部分が起き上がるように動き、息を吐くときには逆に寝ていくように動きます。

この仙骨の動きを止めてしまうと、呼吸がうまくできません。
例えばバーレッスンの時、骨盤を立てよう!動かすまい!とするあまり、仙骨をロックしてしまうと、無意識に息が止まります。
バーレッスンで息を止めてしまう…止まってしまう・・という方は、もしかするとこの ”仙骨ロック” の可能性も。
骨盤を立てておく意識は必要ですが、ガチっと固めてしまう必要はないのです。


仙骨は脊柱の下部に位置し、その動きは脊柱にも関係します。
呼吸で仙骨が動くとともに、もうひとつある場所が連動して動きます。

それが 【頸椎】 もう少し厳密に言うと 【第7頸椎】 です。

首の付け根の一番大きく出っ張った骨、というとわかるでしょうか。
この出っ張った骨は、第7頸椎の棘突起(きょくとっき)といって、骨本体から伸びている背びれみたいなモノ。
出っ張りのやや斜め前上方向に骨の本体部分の”椎体”が位置しています。

この 【第7頸椎】 が、仙骨の動きに連動しているのです。


では、脊柱全体での図で見てみましょう。

■息を吸うときの動き                ■息を吐くときの動き
sketch-1568159479399.png  sketch-1568159607561.png


仙骨のうなずき運動に呼応するように、第7頸椎が振り子のような微細な揺れを作り、カラダ全体でのバランスをとっているのです。

■吸うときは仙骨が起き上がり、第7頸椎はやや後方へ
■吐くときは仙骨が寝ていき、第7頸椎はやや前方へ

このシーソーのような絶妙なバランスがあって、深い呼吸がスムーズに行えるのです。

頸椎のところを固めてしまっている場合、そちらが原因で仙骨ロックになっている可能性も考えられます。
こうなると卵が先かニワトリが先か…みたいな感じですが、以前のブログでお話した
 『立つを見直そう②』 での
チェックを参考にして頂いても良いかもしれません。

いずれにしても

【仙骨】 【第7頸椎】 は呼吸と呼応し、どちらかが固まってしまってもうまく呼吸ができない、ということ。

呼吸の方法は合っているけれどイマイチ苦しいという方は、この2つのポイントの力みがないか、感じてみて欲しいです。


さて、呼吸を味方につけよう!シリーズ、いかがでしたでしょうか。
呼吸は不随意運動でありながら、随意的にコントロールできる運動でもあります。
上手に味方につけて、より良く動けるカラダを目指しましょう!

また、皆様からの疑問・質問、受け付けておりますので、『こんな話が聞きたい!』など、ありましたら是非お寄せください!
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク