FC2ブログ

肩こり、ってなんだろう?

今や現代日本人の代名詞のように使われるようになった『肩こり』。
”スマホっ首”などという新種も登場し、首・肩の疲労やコリに悩まされていない人を見つける方が大変なんじゃないか
と思うくらい、多くの方が感じている症状の一つ。

『肩こり』という言葉は、夏目漱石が第一人者、という説は有名。
漱石が創出した造語説がもっともポピュラーですが、それ以前にも樋口一葉が『肩が張る』という表現を用いている…等々
諸説あるようです。
しかしながら、言葉以前に日本人は肩の重怠さや張り感には悩まされていたようなので、明確な言語化をされたことで
一気に人々の意識の上に”肩の不調な症状”がのぼってくるようになったのではないでしょうか。

現代のみならず、やはり国民病と言えそうですね(笑)


さて、この『肩こり』。
原因は人によってもまちまちですが、言い換えると『筋肉の持続的な緊張によって起こる循環障害』。

つまり何らかの負担が肩にかかった結果、首や肩周りの筋肉の血流などが悪くなり、不快感を覚える、といったところでしょう。

kansetsutsuu_kata_42944-300x300.jpg

筋肉を動かすと乳酸が発生し、これが疲労の主な原因となります。
いわゆる老廃物というモノ。
これをきちんと流してあげないと疲労物質がたまり、血行不良などの原因になります。
運動後の整理体操(クールダウン)やマッサージなどは、この乳酸を取り除く効果があるので、
筋肉ケアという観点でも、運動後のストレッチやセルフマッサージは大変良いことなのです。

動かして疲れるのは、ごもっとも。
ですが、たいして使っていない、あるいは全然動かしていないのに、疲れる・凝る・痛い…これはどういうことなんだ!
とイライラ・モヤモヤするような肩こりには、こちらのタイプが多いです。。

これは夏目漱石ではなく、樋口一葉に軍配。
つまり、この現象は『肩が張る』が正解。

例えばスマホやPCを扱っているとき、身体が自然と前かがみのような姿勢になり、首が前に少し出るような恰好になります。
このとき、首を支える筋肉(僧帽筋など)が、ピーンと前に引っ張られていき、そのまま止まります。
その姿勢を何時間も取り続けていると、筋肉が張りつめたまま動かなくなっていきます。
ちょうどテントを張ったような感じです。

ピンと張った面を触ってみると、パツパツな感じがします。
もちろんテントがフニャフニャでは役に立たないので(笑)、テントならば良いのですが、これが筋肉だと考えるとどうでしょう。
張りつめてしまって弾力がないことが想像できると思います。

つまり、肩こり現象はこの『パツパツに張ってしまった』状態が多いのです。
ですので『肩が張る』なのです。

筋肉は引き伸ばされたときに痛みを感じます。
ストレッチを考えるとわかりやすいかもしれません。
例えば前屈をすると伸びていない腿の裏側がピーンとなって痛い、そんな感じです。

これが肩の部分で起きていると考えて下さい。

なので、実は多くの『肩コリ』は、『肩張り』が原因で痛みを発症しているのです。
張っているところを押すとさらに痛いので、むやみやたらにゴリゴリ押すのはNG。
ストレッチをかけている腿裏をさらに押して伸ばしたら、もっと痛いですね…それと同じです。
このとき痛みを解消しようと思ったら、膝を曲げて筋肉を縮ませると思います。

肩も同じです。
縮む側に少しずつ動かす、あるいはもうそれも痛くてできない場合は、手のひらで肩を優しく包み込むようにして、
ゆっくりと首の方へ向かって押し戻していきます。

スマホやPC作業での肩の張りのケースは、この方向性で緩めるのが良いと思います。

使い過ぎて縮み、本当の意味で凝っている場合は、逆にストレッチをかける方向に伸ばす方が効果的で気持ちが良いです。

自分の『肩タイプ』を考えて、”軽い肩” を目指しましょう!


余談ですが…
先日、書いたブログの記事がブラウザの不調で抹消してしまい、一瞬アップしたと思ったらすぐに消えてしまいました。
出掛けた先の新幹線の中で一生懸命書いたのですが、うまく保存できていなかったようです…(涙)
月や天体にまつわるお話でした。
気力があったら、また書いてみたいと思います(笑)
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク