FC2ブログ

「わかる」ようになることを、諦めないで

クラシックバレエには詩的で情緒的な美しさの側面と、ある種の“機能美”のような側面があります。

機能美とはムダのない構造を追求した結果、自然と現れ出る美しさのこと。
それは理論に基づいたゆえの秩序がもたらす美しさでもあり、ある種混じりけのないピュアな美と言えるかもしれません。


ある一定の論理的な秩序のもとに示された物事に、私たちは『美』を感じます。

例えば、音楽で言うなら音階がドからシまでの12の音で構成されていること。
絵画や彫刻の中には黄金比という比率が存在すること。

他にも探せば色々あるかもしれません。
そうした秩序を目の当たりにすると、私たちは思わず「きれいだな」とか「心地よいな」と感じます。


クラシックバレエの中にも、この秩序だった理論が存在します。

それは足のポジションから始まり、その足を動かす順番にも表れます。
複雑そうに見えるバーでの順番も、センターのアンシェヌマンも、一定の理論のもとで組み立てられています。

アームス(腕と手)もそうです。
腕のポジションと通り道(ポールドブラ)も、筋道がきちんと示されていて、そこを間違いなく通れれば
きちんとした形になり、動きになります。

バレエが持っているポジションと動きの理論は、とてもシンプルで普遍的です。
そしてとても合理的だと感じます。

合理的な理論の中に存在する秩序が、まぎれもなく美しい”芸術”という形になって屹立している、
クラシックバレエの美の根底には、この”秩序だった美しさ”が存在しているのではないか、と私は日々感じるのです。


この秩序だった美しさを支えている理論は、ある一定のルールに則っています。
それは『一度覚えてしまえば変わらない』ということを指します。
基礎となる”バレエ理論”を落とし込んでしまえば、レッスンの中で動きの法則を自分で見つけ出せるようになります。

要は『わかる』ようになるのです。

バレエの規則は一定なので(先生によって多少の組み合わせの違いはあれど)、
まったく違うランダムな動きを要求されたりすることは、クラシックバレエのクラスではほぼありません。
クラシックバレエの基礎訓練が厳格だと言われるのは、この秩序だった規則に基づいているからなのです。

だから「わからない」の一言で片づけて諦めてしまわないで。

方程式に数字を当てはめれば問題が”解ける”ように、バレエの規則がわかればアンシェヌマンは覚えらえるようになります。

_20190930_164526.jpg


バレエをやっていて面白いなと思うコト。

それはもちろん作品を踊って役になったりする演劇的な要素や、情緒的に自分の感情を表出させていくこともあるのですが、
日々の稽古の中で培う『理論的に身体を作る』こと。
それは身体を考察するうえで永遠に尽きることのない興味でもあり、そして大変重要なファクター。

私の先生が『ピルエットはシステムで回るんだ』と仰ったことがあります。
それは理論に基づいてテクニックを考えろ、ということだと解釈しています。
けっして情緒性を理論と対立させるわけではなく、その二つは相いれるものであり融合させるべきものではないか、と。

情緒的な表現が理論に包摂されている。



ゆえにバレエは美しいのです。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク