FC2ブログ

Snowfall

今シーズン初の降雪。
1月18日、土曜日。

指先がジンジンするほどの冷え込み、さすが1月、大寒近し。
「寒ーい!」と、ほっぺたを真っ赤にして入ってくる生徒たち。
雪の日でも、キラキラの笑顔でレッスンを楽しみに来てくれるのは、本当に嬉しい限りです。

スタジオも暖かくして待っているのですが、冷え込みが厳しい日ほど室外機の調子がおかしくなって
エアコンが止まるという難点も…。

_20200118_121021.jpg


雪が降っているだけでも、いつもの景色が少し変わって見えます。
積もると本当に別世界!
大人になると雪は大変だなぁと思うことも多いですが、子どもの頃は純粋に嬉しかったのを覚えています。

雪遊びができるからなのか、それとも違う景色が新鮮だからなのか。
もしかすると別世界に来たような、そんなワクワク感が好きだったのかもしれません。


雪にはどこかファンタジックなイメージもあります。
白から連想される純粋無垢さ、はたまた雪の国というおとぎ話のイメージ。
ともかく、洋の東西を問わず普遍的にそういったイメージが共通認識としてあると思います。

人の心に訴える何か、心を惹きつける何かがあるのかもしれません。


先日、知人のSNSの中に感銘を受けた言葉がありました。

『神を唄ったベートーベンの第九の一節を覚えている物がいれば、人を潤す決定的な何かとして機能する』

つまり芸術や音楽、形に残らず手に取れないものであっても、その人の心に残り語り継がれ引き継がれていけば、
いつか誰かの心を潤すものになる、と。
バレエを含め、舞踊もまさにそう。

そういう芸術の一端を引き受けることができる奇跡、そのことに誇りを持てる自分で在りたいなと切に思いました。
知ること、学ぶこと、考えること。
それらを手放さないこと。

いつか溶けてしまう雪もまた、景色を変える美しい力をもって私たちの心に潤いを与えるのかもしれません。
(雪国の大変さを思うと、手放しでそんなことは言えないと思いますが…)

自然の美に敵うものはない、といつも思います。
それを少しでも表現したくて、きっと藻掻くのだろうとも。

そんなことを少し思った、雪の日でした。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク