FC2ブログ

三千世界の彼方、鑑賞日記~浅田愛・出演舞台

美しく、とても美しく「人」をリアルに描き出した舞台でした。

劇団熱血天使第4回公演『三千世界の彼方』

過去世・今世・来世の「三千」を巡る物語。

夏候惇(かこうとん)・忍性・高杉晋作という人物の輪廻を通じて、巡る世界を見る旅。
それは「人」に課されたカルマを知る旅でもあり、生きることを知る旅でもありました。

人が生きるということ。

まさに「人生」という二文字における巡り合わせを具現化した舞台であった、
そんなふうに私には思えたのです。



人間とは業の深い生き物です。
それゆえに、苦悩を与えられているのかもしれません。
でも喜びや希望という極上の宝物をも人間は持っている。
だからこの上なく哀しく美しい生き物なんじゃないかと、この舞台を見て思いました。

出演者の方々ともっとお話しをしてみたかったです。
本当に素晴らしかった!
何といえば良いのでしょう、セリフは登場人物の魂そのものでした。
それが劇団熱血天使の魂なのかもしれません。

ダンサーさん達も、とても素敵でした。森澤碧音さんの振付も美しく、魅入られてしまいました。
それぞれの方たちの動きの個性が、見事に融和して一つの世界観を創り上げている、
それが舞台の一つの柱となって、物語を支えている…そんなダンスの表現の在り方に、
私はまたひとつ踊りの可能性と未来を見つけたような気がしました。



浅田さんがレッスンに戻ってきたら、この公演に出た感想を色々聞いてみたいです。
このような素晴らしい作品に関われたことは、本当に素敵な体験だったのではないでしょうか。

また、浅田さんの出演がきっかけで劇団の皆様方と素晴らしいご縁ができたことを心から嬉しく思い、
浅田さん、熱血天使の皆様、その他関係者の皆様に心から感謝しております。

「物事に偶然などない」

舞台の中にそんなセリフがありました。
このご縁もまた、巡り合わせなのでしょうか。
そうであれば嬉しいと心から思います。

座長さんや演出の方、その他素敵なスタッフの皆様と少しでもお話できて幸せな時間でした。
ありがとうございました。

今後の貴団のご発展と皆様方の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。
そして、これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年4月18日
バレエスタジオAile 主宰 阿部純子
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク