FC2ブログ

第43回アダジオクラス@宮本祐宜先生、無事終了!

かれこれ十年来となる宮本先生のアダジオクラス。
今回で43回目を数えました。

初回からだいぶメンバーも入れ替わり、色々な変遷を経て今に至ります。

今回は少人数での受講開催のため、宮本先生お一人でお願いしました。
バーレッスンからいつものようにしっかりとご指導くださり、いつも意識が行き届かないところも改めて認知できました。

音の取り方、それに付随する身体の使い方、筋肉の動かし方。
音楽とともに動きを生み出すことが大原則のバレエにおいて、音楽的に身体をどう扱うかというのが重要なテーマ。
宮本先生は、その重要性をいつも根気強く説明してくださいます。


バーレッスンのあとは、いよいよアダジオ。

こちらはいつものように軸の確認。
ada1.jpg

床に対して、まっすぐに押して伸びる。
それだけのことかもしれませんが、“真っすぐ”の前提が違っていると、押すことすら難しい。
身体の中心軸を保っていること、床を押し続け上に伸び続けること…言葉にするとなるほどそうか、という感じですが、
実際にやってみるとこれは本当に難しい。

私としては、自分と向き合う瞬間だなぁと、いつもそんなふうに思います。
動きがないぶん、ごまかしがきかない。
ゆえに、普段の姿勢(スタンス)が、問われるのです。

この日は、比較的長めのアンシェヌマンをやりました。
いつもと違ったパターンも多く、みんなやや苦戦。

でも、アダジオ初心者の子も、少しずつ慣れてきて頑張ってくれていました!
みんなの成長が見えると、本当に嬉しいです。

ada2.jpg  ada4.jpg


そして、なんとなんと!
この日、坂梨仁美先生がご受講にいらしてくださいました!

代講などでお世話になっている仁美先生。
『アダジオなんて久しぶりです』とおっしゃっていましたが、そんなことは全然感じないほど、美しい…。

ada3.jpg

美しい仁美先生の動きとラインに、みんなうっとりと見とれてしまいました。

ada5.jpg  ada6.jpg

さすが、プロ。
見せ方、音の使い方、ニュアンスなど、すべてが “踊り” になっているんです。
たとえどんなに短いアンシェヌマンでも、それはもうすべて “踊り” なのです。
たんなる “動き” ではない。

そういうものを体現して見せて下さる方とご一緒できることは、生徒にとっても本当に素晴らしいことだと思います。

仁美先生の発表会へのご出演、心から嬉しく思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回も充実のアダジオクラスでした。
宮本先生、いつも本当にありがとうございます。

発表会に向けて、お二人ともどうぞよろしくお願いいたします。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

★インスタやってます★
https://www.instagram.com/balletstudio.aile/
『balletstuio.aile』で検索♪

お問い合わせは、こちらまで。
info@balletstudio-aile.com
042-705-2653
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク