FC2ブログ

I got the courage.

コロナウイルスの感染拡大状況が、深刻化してきている。
バレエ界も大きなダメージを受けていることは間違いなく、公演などの中止もさることながら、
スタジオ閉鎖や外出自粛などの措置を受け、レッスンそのものができないという辛い現状。

現役のDancerにとって、日々のレッスンは欠かせないものであり、何か他のことで補うには限界がある。
空間を使って踊ることそのものは、替えがきかない絶対的なものだから。
日本はまだレッスンできる環境が少しばかり残されている。
これを幸運と呼んでよいのかわからないが、世界各国のDancer達の苦悩やもどかしさを思たびに、
自分の力ではどうすることもできないというやるせない無力感にさいなまれる。


しかし、世界のDancer達はそれぞれに自分の自主練習の動画をインスタやFacebook、Twitterにアップして、
日々のエクササイズを公開している。

一流Dancerのレッスンを拝聴できる機会は、なかなか無い。
だからこそ、貴重なものだし、そして本当に有難い。
こんな時だから、いや、こんな時にこそ、次のステップへと前向きに動ける人が Top of Top なのだろう。


色々な方々の動画がある中で、私がもっとも助けられたのは、大谷遥陽さん。
彼女はスペイン国立バレエ団のバレリーナ。
インスタのストーリーでピラティスエクササイズからバーレッスンまで、細かな解説とともにアップしてくださっている。

_20200401_115220.jpg

どんなことに意識を向けて身体を使っているのか。
そのことで感覚的にどういう変化が起こるのか。

_20200401_115237.jpg  _20200401_115257.jpg

彼女のチョイスする言葉の一つ一つが、とてもポジティブかつストイック。
身体をbuild upしていくプロセスと、意識のポイントが、非常に明確で本当に勉強になる。

バレエとどれほど繊細に真摯に向き合い、そして自身の身体と向き合っているのか。
一流のDancerが発信する言葉と動きの動きを、言葉を、聞き逃さないように…私は画面を見つめ続けた。


私は遥陽さんの踊りがとても好きだ。
ダイナミックで、繊細で、優雅で、本当に魅力的なDancer。
いつも惹きつけられるように、魅入ってしまう。

恐れ多くも、遥陽さんとは大和の佐々木三夏バレエアカデミーのオープンクラスでレッスンをご一緒させて頂いたことがある。
その時の美しい動きが、このような意識のプロセスにて構築されていたのかと思うと、改めて感慨深かった。

先の見えない不安と混沌の中で、遥陽さんの放つpositiveなenergyに、私はとても勇気づけられた。
私自身もさまざまな状況が重なり、なかなかレッスンに行けず自習に頼る日々で、遥陽さんの動画のアドバイスを意識したら
身体の変化を感じることができた。もちろん、レベルはまったく追いつくものではないけれど、こんな日々の中での
嬉しい変化だったことは間違いない。

踊れないことがどれほどもどかしいことか。そんな中で自分を見直すことを自分に課すという彼女のメンタリティは凄まじい。
心から「ありがとう」と、言いたい。本当に、心から感謝している。


どうか、一日も早く事態が収束し、レッスンできる環境が整うことを、そして人々の生活が日常に戻ることを、
願わずにはいられない。
そして、今、私にできることを考えていかなればならないのだ。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク