FC2ブログ

子どもの足は、未来の身体の土台

子どもの足、それは未来の身体の土台です。

大人はすべて足の骨が骨化(骨として固まって安定している状態)ですが、子どもは違います。

柔らかく、しなやかで、適応性がある。
それが『子どもの足』です。




sketch-1592286654828.png

合わない靴、無理な負荷、早すぎるトゥシューズ。
これらすべてに、子どもの足の適応性が順応してしまうのです。

若木に曲がった添え木をすると、その方向へと曲がって育つ。


【故木受縄則直】 ―故に木に縄を受くれば、即ち直に
まさに荀子のこの『出藍の誉れ』の一節に於いて然り。



子どもの足の順応性、足だけでなくこの『順応性』を軽視してはいけない。
私はそう思っています。

未来の身体の土台を育てるチャンスは、たった一度きり。
そのかけがえのない時間を、私たち指導者は決して無為にしてはならない。

私は、いつも自戒を込めて指導に臨んでいます。

Children are not adult miniatures.
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク