FC2ブログ

to live,and dance…

表現とはすべてにおいて“表される”もの。
あえて何かを表現しようとすることはもとより、欲求があるところに自然に表出されている。

お腹がすいた赤ちゃんが泣くのも、お乳が欲しいというまぎれもない一つの表現なのだから。


_20200621_171830~2


生きることは、絶望の連続でもあり、希望への道でもある。

文字に起こすと、たとえば唐突な大それたフレーズさえも、踊りの中ではそれがあたかも自然に許される瞬間がある。
その瞬間を求めて、私たちは踊るのかもしれない。

ただ生きることを、踊る。
それはメランコリックに涙を誘うものなんかじゃなくて、ただそこに“在る”というシンプルなものだ。

絶望も、希望も、生きていれば経験すること。
それを表現しようとするとき、例えば文章だったり、映像だったり、音楽だったり、方法は踊りじゃなくてもいい。

自分が仮に踊りという方法を選んだとしたならば、得てきた感情が振りに乗ってその身体をもう一度通り抜ける。

その瞬間、誰かの心に届くかもしれない。
決して計算ではなし得ない。

だから生きることと踊ることは、ある意味で同義なのだと私は思う。

IMG_20200623_150530_740.jpg
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク