FC2ブログ

発表会の、余韻

本番舞台を終えて、数日。

いつもは、ああ終わったという達成感とともに、終わりを迎えた寂しさを感じるのだけれど、
今回はそれがあまりなく、とても不思議な感覚に包まれています。

周りのみんなに聞いても同様のようで、なぜかどこかまだ夢の中、舞台の上の空気に包まれているような…
そんな余韻が残っています。

IMG_20201115_233314_398.jpg  IMG_20201115_233314_400.jpg



決して不完全燃焼ということではなく、むしろ延期になった分だけ準備期間が延びて、
練習量は増えていました。だからまだ続くような感じがするのか…それとも他の理由なのか…
ともかく寂寥感のようなものはあまりなく、清々しい余韻を残したまま、数日を過ごしています。


ご来場くださった方々からは、たくさんのメッセージを頂きました。
そんな中でもっとも多かったのは、この状況の中で開催できたことが本当に良かった、というものでした。
もちろん踊りに対する感想もたくさんありましたが、この状況下においては舞台の開催そのものがやはり大変なのは事実。

その上で開催を決断しやり切ったこと、それは私の手柄でもなんでもなく、ただただ力を貸して支えて下さった方々力と、
出演者の努力に他なりません。
だからこそ賛辞の言葉は私にではなく、皆に贈られるべきものだと、私は思いました。

1605306065563.jpg


私に力を貸して下さった方々に、まだお返しができるほどの自分になれていません。
もっと学び、もっと自分を律し、そして進み続けなければならないのだと、今回の舞台を通してしみじみと思い知らされました。


未来を覗き、今を見る。

私の人生のキーワード。
これからも“覗き”続けていきたいです。

関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク