FC2ブログ

振付ってどうやって作るの?~イベントレッスン・Make the Dance

自分たちでオリジナルの踊りを作ろう!
というイベントレッスン
「Make the Dance」
みんながとっても楽しみにしている様子が伝わってきて、私も本当に嬉しい限りです。

さてさて。
踊りを作る、ひと口に言ってもまずどうやって始めたらいいのか…
何もないところから何かを作るというのは、なかなか難しいもの。
今回は、みんなで楽しくというイベント要素に加え、どこまでできるか挑戦!というチャレンジ要素も含まれています。

***


まずは、"どのクラスの子はどんな動きができるのか"を把握するところからです。
つまりクラスの習熟度によって、できるパ(ステップ)が違うので、上クラスの生徒はそれを把握する必要があります。

そこで、「使えるパ」をクラス別で一覧表にしました。

使えるパ一覧

上から「Cクラス」「B①クラス」「B②クラス」「Aクラス」となっており、
下に行くほど年齢と難易度が高くなっています。
この表では、パをバレエの3要素【バランス】【跳躍(ジャンプ)】【回転(ターン)】に分けて、
それらの要素も同時に考えられるようになっています。



そして、次に必要になるのが「フォーメーション」。
単独での踊り(つまりソロ)以外は、"どう並ぶのか"がポイントになってきます。

つまり、どういう「フォーメーション」を作るのか、ということ。
考えるヒントのために、立ち位置や配置の基本となるフォーメーションを図に起こしてみました。

フォーメーション図

立ち位置や並びを組み立てる時の参考にしてもらえたらと思います。
名称は私のオリジナルです(笑)
もちろん、これ以外でも自分たちで素敵なフォーメーションを思いついたらどんどん作ってみましょう!



いよいよ、実際の「音楽」に合わせて振りを考えていこう、という段階。
どのメロディで何をする(どんなステップをどんなフォーメーションで行うか)ということを
考えていかなくてはなりません。

そこで今回は、「振付進行台本」なるものを作成。
曲のメロディをおおまかに2つにわけて考えて、カウントをふっておきます。
何カウント目で〇〇のパをやる、つぎの4カウントは移動に使う…など、動きを目に見える形で
文字や図に起こしておけるように作ってみました。

振付用台本

カウントに合わせて「内容(パの中身)」と「フォーメーション(配置)」を書き込めるようになっています。
備考欄には表現で気を付けるところなどを書き込んで、どんな雰囲気で踊るのか?というあたりまで
考えてもらえたらいいなと思います。

***

踊りを作る…と言っても、その手法はさまざま。
今回は、みんな初めてということもあり、目で見て、手で書いて、そして自分がわかる形で残せる、
そんな方法をとってみようと思い、このようなかたちで取り組むことにしました。

1分弱の小さな踊り。
でもその中には自分たちだけの想いや夢が、ギュッとつまったものとなるでしょう。

さて、どんな踊りが出来上がるのか…6月4日が待ち遠しいですね!
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク