FC2ブログ

イベントレッスン「Make The Dance」、無事終了!

かねてより企画しておりました「2011Aileイベントレッスン~Make the Dance」、無事に終了いたしました。

私の体調不良などもあり…、若干危ぶまれた感もありましたが(ごめんなさい汗)、
無事に開催することができホッとしております!

普段、なかなかすべてのクラスの生徒が集まることがないので、やっぱりこういうふうに
全員が顔をそろえることができるのは、本当に素晴しい時間!と改めて思いました。

一つの「家族」のような【Aile】を実感することができるひととき。
終始、笑顔が絶えることがありませんでした。
Aileらしさがいっぱいの、もう本当に心から楽しく、みんなの気持ちがひとつになった素晴らしい時間でした。

***


さて、今回はゲストとしてピアニストの宮沢由美さんをお迎えしての開催でした。
みんな、ピアニストさんを目の当たりにして緊張…!(ドキドキ)

でも宮沢さんの優しい笑顔で、みんなすぐに緊張もほぐれた様子。
きちんとごあいさつをしてから、レッスンに入りました!

さあ、いよいよレッスン開始。
まずはCクラスさんがお手本になっていつものストレッチを行いました。
お姉さんたちが見ている中で、ちょっと緊張していたけれどしっかりこなせていましたね。

そして、今回のオリジナルストレッチ!
「せっかく生演奏なので…」と宮沢さんがPopsアレンジのストレッチをご提案下さいまして、
みんなの大好きな「嵐」の曲【One Love】でストレッチをしました!

嵐「One Love」でストレッチ

馴染みの曲だからか、みんなスムーズにこなしていました。
その後【ミッキーマウス・マーチ】で簡単にプリエとジャンプで足慣らしをして、いざ、Make The Dance!



まずは、グループを分けてそれぞれのグループごとに話し合うところから。
今日は先週順延となった運動会と重なってしまった学校があり、残念ながら参加できなかった子たちもいたので、
急遽、2グループ編成で行いました。

「どんな動きを入れたい?」「こういうカタチに並ぼうよ!」


上の学年の子は下の子たちに意見を聞き、そして下の子はお姉さんの話を聞きながらも
自分のやってみたい動きを一生懸命に伝えていました。

話し合いの様子 練習風景

事前に準備しておいたファイルに決まった動きやフォーメーションを書きいれながら、
話しては動き、動いてはまた話し…と繰り返しながら、初めは何もないゼロだった踊りが
だんだんとかたちになっていきました。

このときの様子には本当に感心しました。
始めてみるまでは、どんな雰囲気になるのか実はちょっと予測のつかない部分もあったのですが、
フタを開けてみてびっくり!
みんなどんどん意見を交わし、楽しみながら話し合い、教え合っていた姿に、驚き、感動しました。
一つできたら喜び合って、本当に楽しそうに一つの踊り作りに取り組んでいました。

できないことを無理にやるのではなく、小さい子の持っている「可愛らしさ」を存分に引き出そうと、
上のクラスが一生懸命に思考錯誤していました。
実際、下の子たちが何かポーズを取るたびに「可愛い~!」と歓声が上がっていて、
見ているこちらまでほっこりと笑顔になるのでした。

グループごとの練習の1時間はあっという間に過ぎ…いよいよ発表です!



最初に発表したのはじゃんけんで勝った【3人のプリンセスとその仲間たち】グループ。
自分たちで付けたグループ名も、個性的で楽しい感じがNice♪

このグループは板付きから。

3人のプリンセスとその仲間たち1 3人のプリンセスとその仲間たち2 3人のプリンセスとその仲間たち3

全員が無理なく動けて、小さい子たちが可愛らしく引き立つ振付を工夫。
最年少の子がいたグループでしたが、個性をしっかりと活かしてみんなが楽しく踊れる工夫を凝らしていました。

3人のプリンセスとその仲間たち4 3人のプリンセスとその仲間たち5 3人のプリンセスとその仲間たち6

マイムシーンを入れたり、表情を使って表現をしたり、とても可愛らしい作品に仕上がりました。



次に発表したのは【ポンポンズ】グループ。
こちらのグループ名は踊りの中に命名の由来が隠されていて…!?

ポンポンズ1 ポンポンズ2 ポンポンズ3

なんと、ずらしテクを入れてきたポンポンズ!なかなか高度な技を展開。
さらに複雑にフォーメーションの組み替えに挑みます。

ポンポンズ4 ポンポンズ5 ポンポンズ6

平均年齢の少し高かったこちらのグループは、踊りの枠組みに変化を「魅せる」作品に仕上げていました。


どちらもすごく個性的で、素敵な作品だったと私は思います。
何が良いとか悪いとかではなく、大事なのは「グループのみんなで楽しく踊れる」ということ。
どちらのグループも、それは決して壊すことなく、最初から最後まで丁寧に一つの踊りに取り組んでいました。

踊りは物理的な「動き」だけできても、ダメなんです。
そこに「心」が乗らなければ、どんなに素晴らしい振付でもどんなに素晴らしい音楽でも、「踊り」にはなりません。
けれど、たった一つのての動きであったとしても、ちょこっとしたポーズであったとしても、
そこに踊り手の「心」があれば、それは踊りになる、と私は思っています。

今回、2つのグループの作品とも、それぞれに素晴らしい「踊り」であったと感じたのは、
みんなが心から楽しんで作り上げたからに他なりません。
もちろん、振り付けのアイデアも立派です!でもそれにも増して、みんなの気持ちがたくさん詰まって
心がこもっていたからこそ、素晴らしいものになったのではないかなと感じています。



発表後、宮沢さんに「ありがとうございました!」とごあいさつ。

宮沢さんにお礼

ラストは自然と拍手でしめくくりました。なんというか、あったかい空気が流れていて、
全員が心地よくその雰囲気を楽しんでいるという感じがしました。

お決まりのアンケートタイムも、ずーっと楽しそうなおしゃべりが続いていました。
クラスや年齢関係なく、一つの輪ができていて、その輪はあの日私が見た「奇跡の輪」の続きだったのかもしれません。

アンケート記入の様子

最後、帰る子たちが名残惜しそうにずーっと手を振ってバイバイと言っていたのが印象的でした。
また、会おうね。また会えるよね、と約束を交わすように。

うん、また会えるよ。その時間を必ず作るからね。



今回、みんなからたくさんのことを学びました。
それは一言では言い表すことができないくらいで、たくさんの想いが胸に溢れてきました。
今回のゲストピアニスト宮沢由美さんからのご感想を頂きましたので、紹介させていただきます。

-------------------------------------------------
皆さん、今日はお疲れ様でした!
純子先生からこのイベントレッスンのお話をいただいたときから、今日の日が来るのをとても楽しみにしていました。
実は、レッスンが始まる前は少し緊張していたんです。
ですが、皆さんが元気に笑顔で挨拶をしてくれたので、とても嬉しくて、緊張がほぐれました!
グループ練習が始まってからは、皆さんがどんどん振付のアイディアを出し合っている様子に驚き、感心しました。
大きなお姉さんたちは下の子たちを気遣い、年少の生徒さんはお姉さんたちに一生懸命ついていこうとしている姿が印象的でした。
どの生徒さんも最後まで集中力を切らさず、皆で作品を作り上げていましたね!
とても素晴らしいことだと思います。
私も、皆さんと一緒にこの素晴らしい時間を共有することができて、本当に嬉しかったです。
また皆さんと一緒にレッスンできる日を心から楽しみにしています。

piano 宮沢由美
-------------------------------------------------

宮沢さんにも楽しんで頂けたようで、嬉しく思っています。
本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

みんなからのアンケート、そして保護者の皆様から頂いたご感想も、後日ブログにて発表します。
お楽しみに!

みんな、お疲れ様でした!

***

【おまけ】
みんなが来る前に、練習用としてフルコーラスを演奏してもらいました♪
今回の「きらきら星変奏曲・Aileオリジナルバージョン@宮沢由美」はこんな曲でした。
ちょっと雑談なんかも混ざってるオフタイムな感じの映像です(笑)

関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク