FC2ブログ

メイクのバランスはミリで決まる

さて、少し前のことになりますが、コンクールクラス受講者に向けた
「メイク講習会」をスタジオにて行いました。

メイクは衣装とともに、バレエに欠かせない要素。
もちろん、コンクールに至ってもマスト。
出場規定にも「衣装・メイク付きのこと」と明記されています。


バレエのメイクのポイントは、ズバリ

「骨格に沿った正しい陰影」と「パーツの理解」

です。


そして最終的に「美しいバランス」を作ること。



私たちの顔のパーツ(目、まゆげ、鼻、唇)は、「骨格」という土台に乗り、
さらに「表情筋」という筋肉の上に乗っています。

この土台になる顔の骨格を無視してパーツだけを描こうとすると、本人の顔立ちが活かしきれず、
どうしても”お絵かき”したみたいになってしまいます。
表情筋と陰影が合わないと、せっかくの表情も台無しです。

簡易的なメイクや、発表会のように一斉に揃える場合はそれも一つの方法ですが、
コンクールのように「個人」をアピールする場においては、「私の顔」を活かすメイクが必要です。

「私の顔」を生かすためには、「私の顔」をよく知らなければなりません。
そのために、土台となる「骨格」を知る必要があるのです。

土台を知ることで「美しいバランス」が作れます。
ここを最重要点として意識し、メイクをしていきましょう。



今回はあくまでもメイクの書き方や手法そのものではなく、概念や考え方についてお話していきます。



さて、それらを踏まえた上で、まずは「骨格に沿った正しい陰影」について。


日本人の顔の骨格は、あまり凹凸が少ないのが特徴です。
ただベタっと白塗りすると、顔が浮き出てしまい大きく見えてしまいます。

自分の顔の「前」と「横」の位置を理解し、ファンデーションは「立体に対して塗る」意識で。
そして鼻筋とアイホール、頬骨の位置を、ざっくりとつかんでおきましょう。

顔のバランスにもっとも大きく影響するのが、「鼻立て」と「アイホール」。
この2つを別々に考えず、鼻筋と目の位置を理解しながら、鼻筋を立ててください。

鼻立ての入れ方には、大きく分けて2つ。
眉の付け根から下ろすタイプと、アイホールから下ろすタイプ。
これはどちらが正解ということではなく、その人の顔立ちによって違います。

目と目の間隔が離れている人は、鼻立てで中央に寄せるように。
逆に近い人は寄せ過ぎず離すように。

要は、バランスを考えて描いていく、どちらかというと、作っていくという意識に近いです。


何度も「バランス」という単語が登場しますが、バランスは本当に重要です。
なぜなら人間の視覚は、バランスの取れたものを好む傾向にあるからです。
単純にバランスの取れたものは、見ていて安心で美しいと感じます。
なので、ベストバランスに近づけるように作っていくと、純粋に「キレイ」と感じられるのです。



次に「パーツの理解」です。

パーツの中で、印象を大きく左右するのが「眉」と「目」。
さきほどの「鼻立て」と「アイホール」とも直結していますね。

パーツを描いていく上で重要なのは、スタートとゴールの位置。
これが数ミリ違うだけで、印象はかなり変わります。

顔のように繊細な部分では、バランスは「ミリ」単位で変わります。

想像してみてください。
目のふち大きさ、黒眼のサイズ、眉の太さ…
例えばこれらが一センチも違ったら、すごいことになりますね(笑)

一重から二重にするアイプチ。
まぶたを、1~2ミリ持ち上げる。
黒眼を大きく見せるコンタクト。
黒眼の幅を数ミリ大きくし、目の印象を変える。

これらは、実はすべてミリの単位でのこと。

バレエのメイクも然りです。


眉頭の位置、眉山の位置、眉尻の位置、太さ。
アイラインの幅、ラインの終わり、ダブルラインの位置と長さ。
付けまつげの角度と長さ。

ほんの少しの違いで、バランスは見違えるようにキレイになります。

舞台メイクだから、細かいところは気にしなくても良いと言えるかもしれませんが、
近くで見て美しいものは、遠くで見てもやはり美しいのです。

舞台に上がるという大前提を忘れて華やかさに欠けてしまったり、
こじんまりとしたものになってはいけませんが、
キレイなバランスであれば距離を問わず美しく感じられます。


繊細に、かつ華やかに。
そんなパーツの描き方を工夫してみてください。



先に書いたように、簡易的なメイクをする場合や発表会のように多数が一斉にメイクする場合には
細部にこだわれなくても仕方ないこともあります。
けれど、コンクールのように「個人」をアピールする場においては、
「私の顔、表情」まで、しっかりと活かして臨む意識が必要になります。


「自分の顔立ち」を理解し、それをベースに美しいバランスを作る。
それがバレエメイクです。

美を追求するということは、小手先のものではなく、広い知識と自己理解から始まります。
自分をよく知り、自分の美しさを引き出して下さい。



メイクのバランスはミリで決まる。



ベストバランスに向けて、日々、研究です!

関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク