FC2ブログ

音を作り、そして踊りを作り

生まれたての音で踊った。
それは私の動きから生まれた音。
それがこんなに心地よい感覚だとは、いままで知らなかった。

この心地よい感覚を体験できただけでも、
今日までバレエを続けてきた価値があった、
そう思えた3月5日金曜日。

この日、発表会にコラボ出演して下さる江藤有希さんがスタジオに
いらしてくださり、初めて生で音と動きを合わせていきました。



最初はバレエの定番である「ヴァリエーション」で使用する音楽と
定番の動きの組み合わせをいくつかお見せして、
いわゆるバレエ的な音の使い方を確認して頂きました。

その後に、いよいよ本題へ。

まずは舞台構成全体をお話しし、全体における作品の位置を
確認して頂きました。
その後、私とのコラボ作品のコンセプトや私が作りたいイメージ、
音と動きをどう繋ぐかなどをお話しし、その場で弾いて頂きながら
動きと音をを決めていきました。

事前にはお互いあまり作りこみすぎず、音も動きもラフなスケッチ程度で
実際の合わせ作業に入りました。

こちらに、その時の映像の一部分をご紹介いたします。




これは本当に最初に撮影したもので、動きも音も手探り状態。
ものすごくラフにアイデアを出し合っているところなのですが、
少しでも雰囲気が伝わりましたでしょうか。

「こういう音だとどうですか?」(江藤さん)
「こんな動きをするとどんな音がはまりますか?」(私)

お互いに意見をその場で交換しながら、リアルタイムで音楽と踊りを
創り上げていく経験は、とてもエキサイティング!

初めての経験でしたが、非常に喚起されるというか
インスパイアされるというか、内側から「踊りたい!」という
衝動が湧きあがってくるような感覚になりました。

あっという間に1時間半が経ち、本日の打ち合わせは終了。
江藤さん、本当にありがとうございました!



次回は3月21日にいよいよコラボ出演生徒たちとの初顔合わせ。
生徒のみんなもきっとワクワク・ドキドキしていることでしょう。

8月の本番当日ももちろん大事だけれど、
日々のレッスンの中、みんなで振り付けを覚える作業や、
こういった方々との普段なかなかできない経験の積み重ねも
とても大きな意味を持つのではないか、私はそう思っています。

コラボレーションが実現したことも本当に嬉しく素晴らしい出来事ですが、
発表会という舞台を一緒に創っていく過程そのものこそが
かけがえのない「何か」なのではないか、そんなふうに感じるのです。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク