FC2ブログ

生徒、初対面~江藤有希さんとのコラボ作品

3月21日(日)
明け方の嵐が嘘のように過ぎ去り、
温かな風が吹き始めた午後3時。
バレエスタジオAileは、柔らかな音の波に包まれていました。

この日、ヴァイオリニスト江藤有希さんとのコラボレーション作品に
出演する生徒と、江藤さんの初顔合わせ、初リハーサルを行いました。

初めての顔合わせに緊張した様子の生徒たち。
楽しみながらもドキドキとした心の内が聞こえてくるようでした。

本日は、その踊りの様子を一部公開!
こちらがその映像です。



間近で耳にするヴァイオリンの音色に、最初は思わず声が上がっていました。
残念ながらスケジュールの都合で参加できなかった生徒もいたのですが、
4名で雰囲気を出しながら行いました。

既存の音楽で行う振付は、音の枠の中に踊りをおさめていく
という感覚になります。
音にいかに寄り添っていくのか、音楽世界をどれだけ表現できるか、
そういう観点で考えて進めてゆくことが多いです。

しかし、今回は生の音での演奏。
さらに曲そのものから、今回の踊りのために作って頂いたものです。
生徒のみんなが踊る曲も、私が踊る曲も、すべてオリジナル
本当に贅沢で貴重な経験だと、しみじみと思います。
もう、何というか本当に感無量。

そのリアルなサウンドという特徴を十分に活かし、
アクセントをつけたいところや溜めを作りたい部分など、
出来あがった音源ではできないことや、作曲者にしかお願いできないことを
色々と話しながら1つ、また1つと踊りと音楽の世界を組み上げていきました。



「CDで聴く音楽よりも、実際の生の音の方が厚みがあって凄いです」

生徒からそんな感想も聞かれました。

生の音というのは、実際の演奏者がそこにいる、ということももちろん
空気を伝わる「音波」という震動が身体に直に伝わることも大きいでしょう。

皮膚で音を感じる、身体で音を受け止める、そんな感覚かもしれません。

そのような機会を与えて下さった江藤さんには、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

夏の発表会に向け、いっそう気持も高まっていきました。
レッスンの合間や終わった後に、江藤さんと色々と話ができたのも
またとない素敵な経験でした。
この日の経験が、彼女たちにとってかけがえのないものとなりますように・・・。



こちらの本番は以下にて開催。

【バレエスタジオAile第2回発表会】

日程:8月21日(
場所:グリーンホール相模大野(大ホール)
   (最寄駅・小田急線「相模大野駅」より徒歩約5分)
時間:開場・16:30~ 開演・17:00~

※コラボ作品は第2部での上演となります。
※入場は無料です。お気軽にどうぞ。

詳細をお知りになりたい方は、下記までご連絡ください。
info@balletstudio-aile.com
046-253-1159(阿部)
090-5203-0769(阿部携帯)
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク