FC2ブログ

ストリートが持つ、世界観

バレエは舞台芸術。

舞台という限定された空間で、限界のない世界を見せてくれます。

どこでも気軽に踊ることができない。。。バレエゆえのもどかしさも抱えつつ、
だからこそバレエなんだと改めて感じます。

そんなバレエの世界観を、ストリートがもつ解放感と合わせてくれた人がいます。


これはAileのとある生徒の方。

発表会にも出演して下さった成人クラスの方です。


開放的な空気感と、シックでセクシーなニュアンス。
バレエの要素を汲み取りながら、まったく新しいアートが創造されています。

わかば1


わかば2


わかば3


カッコいい。


一言でいうなら、カッコいい。


ストリートが持つ世界観が、バレエ的なニュアンスと程よくマッチしていてクール。


朝の光を背景に入れたかったということで、朝の6時半から撮影したのだとか。
(ご苦労様です!)


朝陽には始まりを想起させる力が確実に存在する、そこが夕陽とは違うところ。

人はなぜか瞬間的に、それこそ無意識で見抜き、「あ、これは朝の光だな」と、心に決定づけを行います。

新しい「何か」を生み出したかったであろう彼女の試み、それを朝陽とともにあろうとしたことは、
健全で建設的で爽やかな情熱だと私は感じました。




wakaba.jpg



音楽活動やその他、さまざまなアーティスト活動を行ってきた彼女。

バレエの専門家ではないのですが、だからこそ築ける世界観があります。

専門的な見方をすると、それは色々ご指摘も受けるかもしれませんが、
私はとっても素敵だと思うし、純粋に好きだな、と思える作品です。


たとえばアートを創造するときに、必ずしもそのジャンルにおいてスペシャリストでなければならない…なんて決まりはありません。


アートは自由。

それゆえに面白い。


難しいのは自己満足にも陥りやすいということ。
けれど「自己」の満足なしには、何も生まれないのも、また事実。

そのギリギリの危うさもひっくるめて、新しい何かというのは産み落とされていくのだと思います






Aileには、本当に個性的で面白くて、パワーを下さる方々がたくさん集まっています!

そんな方々に囲まれて刺激を頂ける、それが幸せであることをいつも感じます。


関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク