FC2ブログ

七夕

7月7日。

今日は 『七夕』 ですね。

織姫星にあたる琴座の”ベガ”と、彦星にあたるわし座の”アルタイル”が、ちょうど天の川を挟んで向かい合うような
星空の様子が見られるこの日。

しかしながら、この時期の日本はちょうど梅雨の真っただ中で、星空が見える確率は 【およそ50%】 だそうです。

今宵は・・・どうでしょうか。
少し雲が多そうですが、星が見えなくもなさそう☆
日中はこれでもか!というくらい暑そう(笑)なので、夜のお天気も期待しましょう~。



さて。

この日に降る雨は『催涙雨』と呼ばれ、七夕しか会うことの出来ない織姫と彦星が天の川を渡れなくなり、
流す涙になぞらえていのだとか。
ちなみに七月六日に降る雨は洗車雨と呼ばれ、織姫に会うため彦星が自らの牛車を洗っている水のだそう。

どちらにしてもロマンティックはエピソードですね。


そして七夕の笹飾りで欠かせないものが、短冊!

江戸時代に寺子屋で学んでいた寺子たちが習字が上達するように・・と願いを込めて短冊に書いたのが
短冊のはじまりと言われています。

もっと前の時代まで遡ると、五色(ごしき)の糸を飾っていました。
これが今も歌に残っている「五色(ごしき)の短冊」の始まりです。

童謡の七夕の歌にも 『♪五色の短冊~ 私が書いた』 という歌詞が登場しています。

では、なぜ五色なのか?
実は、これちゃんと意味があるんです。

中国の陰陽道から生まれた自然を表す「五行説(ごぎょうせつ)」に因んだもので、
五行説とは人間が人としてまっとうに生きて行く意味である、【五徳】「仁・礼・信・義・智」をあてはめていました。

緑(東)/木/仁:徳を積む・人間力を高める
赤(南)/火/礼:父母や祖先への感謝の気持ち
黄(中央)/土/信:信頼、知人・友人を大切にする
白(西)/金/義:義務や決まりを守る
黒(北)/水/智:学業の向上

この意味にそった願い事を、具体的に書く事が良いとされているのだそうです。

ちゃんと意味を知ると、お願い事も厳選されそうですね。
そしてどれも自分の利益目的というよりは、他者への気遣いや人徳を高めることを願いましょう、という趣き。

○○が欲しいです!みたいな、サンタクロースへのお願い事とは、ちょっと違って(笑)
自分もしっかり努力した上で、さらなる向上を祈って書く・・・という使い方がまっとうなのでしょう。


さて、皆さんは何を願いますか?

私はやっぱり 『バレエの上達』 ですね。(これは黒にあてはまるのかな…?)
もちろん、短冊頼みだけにならぬよう、努力します!!

関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク