FC2ブログ

後日談、その3 ~バイオリニスト・江藤有希さんからのメッセージ

今回のおさらい会に頂いたメッセージを、もう一つ。

それは、以前共演させて頂いたバイオリニストの江藤有希さん!
今回のおさらい会にご来場くださり、素敵なご感想を頂きました。


--------------------------------
バレエスタジオ Aile(エル)2017 おさらい会「Summer Consert」に行ってきました。

ピアニストの宮沢由美さんも、先生が踊るステージで、ショパンを演奏。
クラシックだろうと、アルゼンチン・タンゴだろうと、これはダンスミュージックだなと思いました。
小さなお子さんから大人まで、プロと生徒さんと一緒になってのステージは、ひとつのショーとして感動するものでした。

Aileを主宰されている阿部純子さんとは、コーコーヤのライブで知り合いました。
その後、2010年の発表会で伴奏させていただく機会をいただき、ソロヴァイオリン用の曲を何曲か作りました。

ヴァイオリンだけ、たった一人で踊りの音楽をつとめるのは当時の私にとって大変なプレッシャーで、
なんとなく孤独なものかな?と勝手に想像していました。

本番になり、ステージで、メトロノームをミュートしてテンポを確かめながら「ドラマーみたい」などと内心思いつつ演奏がはじまると、孤独感など皆無に。
踊っている生徒さんを見ながら弾いていると、もうそこは、音楽のアンサンブルと同じ。
時にアイコンタクトもあり、自然と笑顔になったり、あっという間の時間を経験しました。

阿部さんが踊られる曲を、何度か打ち合わせて踊りを見ながら、感覚をつかみながら完成させていったことも、
とても貴重な経験でした。
本番で、広いステージに、阿部さんと私の2人。
一緒に作り上げたあの時の感覚は、今もリアルに思い出されます。

で、その時に観に来てくれていたのが、オルケスタ・ティピカ・パンパのピアニスト、宮沢由美さん。
以前バレエを習っていた由美さんは、これをきっかけにAileでバレエを再開され、
バレエで出演されたこともありましたが(私は見逃してしまい、残念!)、今回はゲスト・ピアニストとして出演されました。

ステージに置かれたグランドピアノで、由美さんが奏ではじめると、阿部純子さん、男性ダンサーの宮本祐宜さんが動きはじめる。
数分間の、夢の世界。
由美さんが奏でる、優雅なダンスミュージック。
普段はタンゴダンサーと一緒にステージに乗る機会が多いと思いますが、そういう経験を重ねているからこそ、
ダンサーの動きを見ながら、きっかけを与えたり、テンポが呼応したり。
ああ、舞台芸術だなぁとあらためて思いました。

舞台構成、演出、指導をされている阿部純子さん。
とにかく飽きさせない演出。
ものすごくよく音楽を聴かれる方なのは前回の共演で知るところとなりましたが、今日のコンサートをみて、
バレエや音楽に限らず、きっと映画や美術など、あらゆる芸術に親しまれているだろうなぁと感じました。
今度その辺り、聞いてみたい。

色々と思い出して長くなりました。
こういう、他ジャンルにふれること、とても刺激になります。
ありがとうございました!
------------------------

※こちらの文章は、江藤さんの公式ブログにも掲載されています。
http://yukivn.blogspot.jp/


とても有難いお言葉の数々…私もあの第2回の舞台でご一緒させて頂いたときのことは、
今でもハッキリと覚えています。

ソロの孤独感は全くと言っていいほどなく、有希さんの生み出す音を捕まえながら、一つ一つ丁寧に動きを
紡いでいこう・・・とそれだけを考えていました。

そのステージをご覧下さっていた、宮沢由美さん!
本当にご縁の不思議さを感じずにはいられません。

いつか、江藤さん・宮沢さん、お二人の演奏で踊りたいなぁ…!(贅沢すぎ!)

こうしてひとつのご縁から、月日が流れてまた新たな出会いを繋ぎ、それがまた作品を生み形になっていく喜び。
信じられないくらい小さな偶然が重なりあった奇跡だと思います。

お二人とも素晴らしいミュージシャン、そのお二人とこうして作品を作ることができた喜びは、とても言葉では表せません。

有希さん、本当にありがとうございました!
これからもどうぞよろしくお願い致します。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク