FC2ブログ

ポイント集中!基礎クラス~ピケターン編~終了!

月に一度の木曜日、特別基礎クラス。
先月のテーマは『ポールドブラ』でした。

今月のテーマは『ピケターン』。

なんとなく回っているけれどやり方をきちんと教わったことがない、見よう見まねでやっていた…
など、クリアにならないまま進んでしまった、という方も多いピケターン。

特に大人になってから始めた方は、パの一つ一つを取り出して習う、という機会が極めて少ないのが現状。
ある程度のクラスのレベル分けは当然あるのですが、子どものクラスで行うような
『今日から新しいパをやりましょう!』という機会はめったになく、そのためどうしてもやりながら少しずつ
習得していく…という方法になってしまうのです。

そこで、そんな方々の疑問を解消すべく、一つのパや動きにスポットを当ててピンポイントで解説していく
『ポイント集中!基礎クラス』、もちろん子どもの頃に習って、再度復習という方も大歓迎です!


さて、そんな今月の基礎クラス。
9名の方がご受講下さり、いつにも増してとっても賑やかな雰囲気に!

まず、ピケターンに欠かせない『ルティレ』と『アンナバン』のポジション、そして名前にもついている『ピケ』。
ルティレとアンナバンは自分が取るポジション、そしてピケは立ち方です。
(この区別がついていない人は、ここからしっかりと覚えましょう!)

ポジションの確認、足を出す方向(自分の身体のどこに出すのか)、そしてその時の身体の向き。
そして首の付け方、手の運び、どこに降りるか。
一つ一つの動きを分解しながら、細かく説明していきました。

分解してみることで、今まで不明瞭に覚えていた方はもちろん、できていた方も自分のクセに気づけたりします。
基礎、というのはつまり『BASE』ですから、そこを見直すことは決してレベルダウンではありません。
むしろ土台を安定させて身体を見直し再構築できる、レベルアップの機会と私は考えています。

基礎には必ず普遍性があります。
だからこそ全てに応用していける、平たく言えば”基本がしっかりできていれば何でもできる”ということでもあります。

バレエの用語はフランス語なので最初は難解に感じますが、これも回数を耳にすることによって必ず慣れてくるので大丈夫。
ポジションを指す言葉なのか、動作を指す言葉なのか・・・
これが明確になるだけでも一つの動作の理解度はグッと深まります。


さて。
次回、2月のテーマは『ピルエット』。

私の先生がよく『ピルエットは感覚で回るのではなく、システムで回るんだよ』と仰っています。
システム、つまり一連のはたらきを秩序立てた全体的なまとまり。つまり『やり方』です。
もちろん回転するという根本的な感覚は必要なのですが、あくまでも『回転技』という技術的な側面で考えると
『回転を成立させるための方法』が存在する、と先生は仰っているのだと思います。

そして『それを知れば誰でもできるようになる』、と。

ピルエットを成り立たせる、一連のはたらき。
一緒に学んでいきましょう!

【ポイント集中!基礎クラス ~ピルエット編~】
■2月21日(木) 19:20~21;10(拡大110分クラス)
オープン受講可、1レッスン¥2000

ぜひ、お待ちしております☆

関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク