FC2ブログ

アクションはコミュニケーション~アクション体験講習会、終了

「アクションはコミュニケーションなんだ。」

私は、岩田栄慶さんのこの力強い一言が強烈に印象に残っています。
戦うということは、すなわち「アクション」ということは相手があってこそ。

そこには「戦う」という一つの形式を用いた、ものすごく濃密なコミュニケーションが存在し
お互いの身体を通した新しい関係性が築き上げられるもの。
私はその新しい世界に静かな感動を覚えました。

----

先日、岩田栄慶さんを講師にお迎えした「
アクション体験講習会」が大盛況のうちに幕を閉じました。
ご参加者やご見学者の方々含め、総勢30名を越える方々がスタジオにお越し下さり、
いつにない熱気と興奮に包まれていました。

スタジオの関係者。外部の方々。
多くの方々が、それぞれ違う場所、違う環境から「アクションを楽しみたい!」という
一つの想いのもとに集ったその時、私は何か大きな「縁」のようなものを感じました。



定刻通りに始まった、講習会。
まず、みんなの緊張をほぐすためにニックネームを付けて、呼び合うところから。

導入部分

一気に楽しく和やかな雰囲気に。
場の空気を作り、みんなの間に「輪」を作る。その雰囲気作りが素晴しい。

「アクションは一人ではできない。だからみんなとコミュニケーションを取ることが大切!」


岩田さんの言葉と動きに、みんなの気持ちが一つに集まってゆく…
これから始まる楽しい体験を、ここに集う全員で作りあげていこう!そんな空気に包まれました。



素晴しいデモンストレーションの後、いよいよ講習。

けが防止のために、まずは軽いストレッチ。
そして、足運びの練習へ。アクションは身体全体を使う戦いを表現するお芝居。
軽快なフットワークは欠かせません。

・重心の取り方
・移動の導線
・対象(相手)への目線

基本的なところから、じっくりと丁寧かつ明確な解説。
このあたり、バレエとも共通する概念が多々あり、納得することしきり。
グループごとに実践しつつ、基本の身体感覚をどんどん入れていきました。

基本の足運びの練習

そこからパンチやキックなどの単発の動きの練習へ。
一人ずつ順番に動きをこなしつつ、アドバイスをもらっていました。
ものすごく丁寧かつ勢いのある指導。「よしっ!やるぞ!」という気持ちにさせてくれます。

途中の休憩時間も、楽しく和やかな雰囲気。

休憩時間1 休憩時間2 休憩時間3

子ども達に囲まれ、一緒に戯れる岩田さん。見守るアシスタントの先生方々。
身体を動かしながら話す、動的なコミュニケーション。
アシスタントの方々もとても温かく終始和やかなムードに包まれ、スタジオには笑い声が響き渡っていました。



休憩を終えたら、いよいよ設定をつけた「アクション」へ!
設定は『戦隊ヒーローもののような感じ』(笑)

悪役が登場し、悪さをしようとたくらんでいるところへ、ヒーローが駆けつける!
そして悪を倒し、見事、平和を守る!というストーリー。
思いっきりわかりやすいです。

しかし!これを実際の「型」のとおりに動き、かつ「お芝居」の要素を入れるとなるとなかなか難しい。
アシスタントの先生について、グループごとに練習。
先生方が悪役を、参加者の皆さんがヒーローの役になり、セリフも付けつつ練習。

立ち回りの練習1 立ち回りの練習2

「相手をしっかり見て。」
「相手の動きを捉えて動く。自分から先回りして動いちゃダメだよ。それじゃエスパーだ(笑)」

人と向き合うということが、どういうことなのか。
相手と対峙することで、見えてくる世界。アクションは、まさにそういう側面を強く持っているのです。



いよいよ発表!
一人ずつ練習相手の先生を敵役として発表していきました。
まずは岩田さんのお手本から。

悪:「ワハハハ~!このスタジオエルは、私が頂いたぁ~!」

岩:「待て~!」お手本1~登場

悪:「貴様っ、何者だぁ~!?」
岩:「俺は、ひーくんゼロ!」お手本2~名乗り

悪:「おのれ~!」
岩:「ヤァッ!」お手本3~構え

悪:「ウォ~!」
岩:「セイッ!」お手本4~途中の構え

岩:「トォッ~!」お手本5~回し蹴り

悪:「ウォ~…!(バタッ)」
岩:「どうだ~!」お手本6~どうだ~!

概ね、こんな流れ。名乗りの部分には、自分のニックネームに戦隊モノ風に好きな色をつけて。
例えば、「〇〇レッド!」とか「△△ブラック!」などなど。

順番に一人ずつ発表。
子ども達は"なりきり戦隊モノ"という感じで、興奮することしきり。
大人の方々は、さすが、芝居感があり迫力がありました。



最後はみんなで記念撮影。そしてその場で撮影していた動画をPCにて観賞。
帰りにはみんなで撮った写真をプレゼントしてくれるというサプライズも。
岩田さんチームには、本当に色々として頂き感謝しています。

帰り際にご参加者の皆様が本当に嬉しそうに御礼を言って下さったのが
私はとても印象的でした。

「夢のような体験をありがとうございました」
「このような機会に感謝しています」

そんなふうに仰って頂けて、私も感無量です。

「アクションには、人を幸せにする力がある」
岩田さんはそんなふうに語ってくれました。私も、そのことを本当に理屈抜きで感じました。

誰かとつながること。
誰かと楽しさを共感すること。
その輪が広がっていくこと。

アクションは戦いの演技。しかし、その奥底にあるのは「相手を思いやる気持ち」。
相手をしっかり見て、心を通わせて、はじめてひとつの動きが作り上げられていくのです。
バレエスタジオAileの理念とも非常に近しいものを感じ、共感を覚えることばかりでした。

アクションが作り上げられていく過程を知ることができ、アクションの深い魅力を知ることができ、
本当に素晴らしい体験ができました。

この輪が、より大きくなっていくことを私も願っています。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク