FC2ブログ

沈丁花の季節

甘い香りの、沈丁花。
今年もこの季節がやってきました。

毎年、ご自宅に咲く沈丁花をおすそ分けして下さる生徒の方がいらして、今年も持ってきてくださいました!

DSC_0363.jpg

花瓶代わりに、いつものマグカップ。
レッスン中、ずっとスタジオに甘い香りが漂っていました。

香木の沈香のような良い匂いがあり、丁子(ちょうじ、クローブ)のような花をつける木、という意味でつけられた沈丁花。
この何とも言えない甘い芳香は、切ないくらい胸に響きます。

この香りが好きで、『沈丁花の香りの香水』を見つけて購入したことがあったのですが、
やはり本物には及びませんね。

この花の香が目印になること(目で見ないので目印にと言えないかもしれませんが・・)、
あ、この香りのする角を曲がったら…あのお家だ!みたいなことも、ありますね。
そんな詩も、たしかあったと思います。

記憶と香り。
この2つはすごく直結しているものなので、香りをかぐと一気に記憶が呼び起こされる、
そんな経験は誰しもあるかと思います。

皆さんにも素敵な沈丁花の想い出は、ありますか?
ぜひこの季節の香り、見つけて楽しんでみてください。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク