FC2ブログ

Aile合宿レポート ~コンテワーク編②~

~コンテワーク編①~の続き

息が切れるほど激しくみんなを動かして床に寝かせたあと、智子先生が発したのはこんな言葉でした。

『身体の中に残っている衝動』

そう、物理的に身体は止まっても、身体の中にはさっきまで動いていた感覚が残っている。
身体はある動きを経験すると、その運動を肉体で記憶するのです。
流れるプールに行った夜、身体が流れている感じがするような…

ついさっきまで激しく身体を動かしていたみんなの肉体の中には、かなりの衝動がまだ残っていることでしょう。

コンテ9

『まず、自分が皮膚と骨だけになっているようなイメージを持ってみて。
 そして自分の呼吸だけを感じて。今、みんなは温かい水の上に浮かんでいるだけ。

 その温かいエネルギーが身体の隅々までどんどん広がっていくように。
 今、自分の中にどんな感情がある?その感情をまるで外から見つめているように、客観的に眺めて。
 どんな感情があっても、それをムリに消さないで、まずは見つめて。』


自分の感情を見つめる。
これは意外と難しい、いえむしろ厳しいと言えるかもしれません。
生々しい感情は、ときに目をそむけたくなるものもあるでしょう。
ゆえに自分の感情を見つめることは、生身の自分と対峙することに他ならない。
言ってみれば素直になることなのですが、このシンプルなことが大人になるにつれ難しくなってきてしまうのです。

次に智子先生は、こんな言葉掛けをしていきました。

『では、何か楽しいことを想像してみて。
 それがおへその裏側にある、と思ってみよう。
 それはハチミツみたいにちょっとドロドロとしていて、そのドロドロが自分の関節の中を通り抜けていくの。
 ドロドロした、でも楽しいものが関節を溶かしていくから、その関節が動き出す。』

そして、こう言いました。

『自分の身体が動き出したくなったら、動いて。無理に動かなくていい。』


この動きの衝動を”待つ”ということ。
つい頭で『あ、こうした方がいいかな』とか『こんな風に動いていこうかな』と、考えがち。


肉体の衝動を素直に、待つ。


しばらく無音で無言で無動の時間が続きました。

すると少しずつ小さな動きが、みんなの中に見え始めました。

足の指を動かしている子。
手の指を動かしている子。
足首を動かしている子。

全員が仰向けになり、そして目を閉じていた子もいたので、他の人の動きは見えないはず。
だから視覚がきっかけになったわけではない。
それでも、何か小さな衝動が自分の中に起こり、それが個々の身体を動かしているのだなということが
傍目からでもわかりました。


コンテ10


やがて動きは少しずつ大きくなっていき、身体にある程度のムーブメントが見えてきました。
そして一人が立ち上がったところで、終了。
次のワークに移っていきました。


次のワークは、先ほどの”衝動”を他者から与えられて動く、というもの。

ペアになって、相手の身体の一部に触れる。
触れられた方は、その部分をきっかけにして、動く。

動きは先ほどと同じ、関節が何か溶かされていくようなイメージで。

コンテ11

触る場所を変えてみる。
触る速度を変えてみる。
相手の身体がどんどん変化していく。
関節がないところも、触ってみる。触られた方は、実際にはない関節をイメージして動いてみる。

コンテ12

予期せぬ形、恰好、動きの流れ。
クラシックの決まった『型』とは正反対の、予測のつかない動きと身体のかたち。
動いているのは自分だけれども、それが自分の意志であるような、ないような…
どこか不思議な感覚なのではないかな、と思います。

『触っている方は、ここまで歩かせてみよう、とか、こんな形に持っていきたいな、とか
 相手を少し誘導するようにしてみてもいいです。
 触られた方は、その部分から発生する動きが一つの方向性に限定しないで、色々と動きを出してみて大丈夫。』

それぞれのペアによってさまざまな形と動きが見られました。
もうオリジナリティなどという生易しいものではなく、まるで『未知の世界』。
大げさではなく、それは本当に予測のつかない世界なのです。

最後は触れるのをやめて、その感覚のまま音楽に乗せて動いていきます。
それはそのまま身体の内側から発せられた『一つの踊り』として、身体の持つ個性のままに、ダンスを奏でていました。

みんなの中にある、今まで目にしたことのない動き。
これは私にとっても大変新鮮な驚きと感動でした。

人の内側にある衝動を引きずり出すことは、至難の業。
初対面、たった数十分でこれをやってしまう智子先生に、またまた脱帽してしまうのでした!



…コンテ③へ続く。
関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク