FC2ブログ

Aile合宿レポート ~コンテワーク編③~

~コンテワーク編②の続き~


みんなの内側にある、動きの衝動。
内発的ものを提示するのは、実際なかなか勇気のいることでもあったりしますが、みんな本当に素直に
身体を反応させていて、見ていて気持ちが良かったです。


さて、いよいよ最後のワークです。

最後はコンテの学校で習う、床を使ったワーク。
ここまで、足裏をしっかりと知覚していったり、重心を下げることを学んだり、自分の身体の動きの衝動を感じたり、
いわば身体の『内面』に目を向けてワークを進めてきました。

最後のワークは、それを使いながらいよいよコンテの基礎の動きの練習。

床の上を移動する。
やることはこれだけなのですが、色々な部分を総動員しなければなりません。

身体を螺旋に使うこと。
足の裏や手のひらを床から離さないこと。
背骨をすべて柔らかく動かすこと。

なるほど、いままでのワークのすべてがないと、ここに結びつかないのだなと、見ていて感じました。
一見するとパっとできそうにも見えるのですが、自分の慣れている動きの感覚でやっても、それはおそらく表面的に
真似ているだけにすぎず、本質には辿り着かない。

これまでの様々なワークを経た身体だからこそできる動き。
みんなの身体が滑らかに床を動いていきます。

コンテ13

移動する方法を変えて、何度か繰り返します。
最初はすべて寝ているところから、次は床上で小さくなったり大きくなったり、そして長座から入ったり。

コンテ14

徐々に難しくなっていきましたが、みんなしっかりとついていけていました。
分からなそうなところは先生がサポートに入ってくれて、最後まで全員行うことができました。

14:30。
定刻通り、無事に終了。

初めてのことに戸惑いもあったと思いますが、みんな臆することなく挑戦してくれて、嬉しかったです。

戸惑う気持ちも受け入れて。
きっと、そんな言葉掛けのおかげで伸び伸びと動くことができたのでしょう。



その日の夜。
智子先生からメッセージを頂きました。



『私を含めてダンス経験のある方々は特に、「待つ」事に焦りが出てしまうのか、
 いつもの自分の身体の使い方でどんどん動いてしまったり、パターンを教わるときも、
 自分の知っている動きに変換しがちで、中々違う身体の使い方を習うというのは難しいと思っていたのですが、
 今日はみんなちゃんと戸惑ったり、インスピレーションが来なければ動かないという事が
 素直に出来ていることにまず驚きました!
 きっと伸び伸び踊らせてもらっているんだろうなーと思いました。

 また、声掛けを行なったら、きちんとそれを、それぞれの方法でやろうとしてくれていて、
 短時間だったのに、すでに身体の使い方が初めと少し変わって来ている子もいたのには、関心しました!

 戸惑いもあっただろうに、自分の慣れてるやり方に固執せず、チャレンジしてくれた生徒さんたちには本当に感謝です。』



インスピレーション。
これは一つのキーワードだと思います。

バレエは否が応でも動かざるを得ない状況が多々ありますし、自分のインスピレーションを『待つ』というワークは
クラシックの訓練の中にはほぼ存在しません。
もちろん振付家はインスピレーションを待って創ったりするでしょうが、習う場面においてはほとんどあり得ないと言っても
過言ではないでしょう。

だからバレエを習っている人が他のダンスで言われるのは
『何をしていてもバレエになっている』、『型ですぐに動こうとする』、そんな類の言葉です。

悪い意味ではないのでしょうが、どうしてもクラシックの『型』が沁みついてしまっている、
でもそれが必要なことでもあるのです。

今回、その枠を見事に超えて『インスピレーションを待つ』ことができたのは、見ていて私も本当に感動しました。
素敵なきっかけを与えて下さった智子先生には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


残念なことに記念写真を取り忘れてしまいました…(すみません!みんなゴメン💦)
・・ということで、せめて私だけでも、とお写真をご一緒させて頂きました。

DSCPDC_0001_BURST20190330151405517_COVER.jpg

この素敵なご縁が、また今後に繋がっていったら嬉しく思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!


コンテワーク編は、ここまで!
合宿はまだまだ続きます!

関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク