FC2ブログ

Aile合宿レポート ~アンシェヌマン創作ワーク編②~

~アンシェヌマン創作ワーク編①の続き~

次々と出来上がっていくアンシェヌマン。
ワルツの規定の長さは16カウント。
入れなければならないパは、ピルエットアンドゥオールとアンドゥダン。
さらに、シニアはピケアンドゥオール、ジュニアはストゥニューでした。

そして今回は自分たちの作ったものに、それぞれタイトルを付けてもらいました。
タイトルもまた、個性が見えます。

出来上がった作品達は…

■気取り
■それぞれの姿(かたち)へ
■Full Bloom

ワーク7【それぞれの姿へ】

曲は、3組とも違うものをチョイス。
独創的な振付に見ている方々からも、おお!というお声が聞こえてきました。

今回はせっかくの機会ということで、こちらのワークは見学可能としたのです。
そして、見ている方々には採点をお願いしました!

【音楽性・独創性・パの正確さ】

この3つをそれぞれ10点満点とし30点満点で採点してもらいました。
見る人にどんな印象を残せているか、というのも踊りてとしては大事なポイント。

ワルツの優勝は『それぞれの姿へ』チームでした。


次はアレグロ。
だいぶ要領が掴めてきたようで、アレグロは最初からかなり凝った作りに。

アレグロは右が16カウント。
そしてそれを左右続けて行うこと。
規定のパはアッサンブレとジュテ。
シニアはブリゼとタンドゥキュイス、ジュニアはパドゥシャとシソンヌを入れること。

出来上がった作品は…

■おもちゃ箱
■ハッピータイム
■道化師

こちらはなんと全チームとも同じ曲をチョイス♪
選んだのは『I Got Rhythm』。
ノリの良いナンバーは、踊り手のインスピレーションを掻き立てるのでしょうか。
確かに聞いていると身体がウズウズと踊りだしたくなるナンバーです。

ワーク10【おもちゃ箱】


 
ワーク8【ハッピータイム】

ワーク9【道化師】

こちらの優勝は『道化師』。
アレグロはパを詰め込みすぎたのか、構成を凝りすぎたのか、パが若干不正確になってしまったチームもあり、
そのあたりが点数に響いてしまったかもしれません。

もちろん、勝ち負けでどうこうではないので、結果にこだわる必要はまったくありません。
でも、しっかりと『見てもらう』ことは。漠然と踊るよりもちょっぴり緊張感もあり、
見ている人に何を伝えたいのかを自分自身が意識するきっかけにもなります。


ワーク後は演奏家の方々にもご感想を頂きました。
ワーク13  ワーク14

三浦さん、福田さんともに音楽家ならではのご感想を下さいました。
宮沢さんは、何よりもみんなの大きくなった姿に感動して下さっていました。

ご見学下さった方々からも、後日ご感想を頂き
『みなさんのチャレンジ精神が伝わってきた』、『ワルツの音の膨らみと、振付を一生懸命創作する姿に、
こちらも楽しませてもらった』などなど、とても楽しんでご覧頂けていて良かったです!


最後はみんなで記念撮影。

DSC_0404.jpg

第2回目もやりたいですね!と、皆さんとても意欲的に考えて下さり、本当に嬉しく思いました!
今回限りでは、勿体ない!
ぜひ2回目の開催を企画していきたいと思います。

三浦さん、福田さん、そして宮沢さん。
今回は本当にありがとうございました!

奇跡の出会いに…感謝です!


さて、合宿はまだまだ続きます!


・・・夜編へ、続く。

関連記事

コメントの投稿

Secre

「バレエスタジオAile」ホームページ
バレエスタジオAile(エル)
ホームページはこちらから!
↓ ↓ ↓


http://www.balletstudio-aile.com

小田急相模原駅南口より徒歩3分

※所在地など詳細はお問合せ下さい。

(TEL&FAX:042-705-2653)

※受付時間は 11:00 - 21:00です。 レッスン中は応対できないこともございますが、後日折り返しご連絡させて頂きます。


お問い合わせはこちらから
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク